ここから本文です

プレミア昇格を目指す7人の監督たち。輝かしい現役キャリア、CL優勝監督も【編集部フォーカス】

フットボールチャンネル 2016/8/2(火) 11:01配信

今週末からチャンピオンシップ(イングランド2部)が開幕する。今シーズンのチャンピオンシップはニューカッスル、アストン・ヴィラといった古豪が参加する。さらに、チャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた監督、現役時代に輝かしいキャリアを送った監督、日本人選手とも関係が深い監督などが集まっている。その中から7人を紹介する。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

ラファエル・ベニテス

 これまでのキャリアを考えれば、2部のチームで指揮を執るような監督ではないはずだ。ラファエル・ベニテスはレアル・マドリーの下部組織で監督キャリアをスタートさせ、2001年にはバレンシアの監督に就任。3シーズンでリーグ優勝2回、さらにはUEFAカップを制覇。名声を挙げた。

 2004年には初の国外挑戦となるプレミアリーグへ参戦。リバプールの監督に就任した。シャビ・アロンソなどリーガで活躍していた選手を多く獲得した。就任1年目にはチャンピオンズリーグを制覇。決勝ではACミラン相手に0-3から追いつき、PK戦で勝利。のちに”イスタンブールの奇跡”と呼ばれる熱戦を演じた。

 その後もインテル、チェルシー、ナポリ、マドリーと各国のビッグクラブを歴任し、クラブワールドカップやヨーロッパリーグ、コッパ・イタリア制覇に導いた。

 今年の1月にマドリーを解任されると、3月には下位に低迷していたニューカッスルの監督に就任したが、残留させることはできなかった。ベニテスは数々のカップタイトルは手にしてきたものの、リーグタイトルは獲得したことがない。2部の舞台ではあるが、初のリーグ制覇を達成し、1年でのプレミア復帰を果たせるだろうか。

ロベルト・ディ・マッテオ

 ロベルト・ディ・マッテオは、“ある意味では”チェルシー史上最高の指揮官だったのかもしれない。

 2012年3月にアンドレ・ビラス=ボアスの解任によってアシスタントコーチから暫定監督に昇格。すると、チームの立て直しどころか完全アウェイの中で行われたバイエルンとの決勝をPK戦の末に制し、クラブ史上初となるチャンピオンズリーグ優勝をもたらした。

 翌年から正式な監督に就任するも、シーズン途中に解任。その後はシャルケでも監督を務めるが、これといった結果を残すことができなかった。

 ディ・マッテオ監督が今季から就任したアストン・ヴィラは、長年の低迷の末に昨季のリーグ戦を最下位で終え、プレミアリーグ創設以来初めてとなる2部降格を喫した。古豪復活へ、イタリア人指揮官の手腕が試されることになりそうだ。

1/3ページ

最終更新:2016/8/2(火) 11:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!