ここから本文です

バルサ、構想外DFを売却でバスケ選手を獲得? 前代未聞の異競技トレード実現か

フットボールチャンネル 8/2(火) 11:11配信

 バルセロナは、ブラジル人DFドウグラスとバスケットボールの選手をトレードするという案が浮上しているようだ。スペイン紙『アス』が伝えている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 母国ブラジルのサンパウロから2014年夏にバルセロナへ加入したドウグラスだが、2年間在籍してリーグ戦は3試合しか出場できておらず、構想外が続いている。

 そのドウグラスは、今季からリーガエスパニョーラに昇格するアラベスへの加入が近づいているという。

 バルセロナはドウグラスをアラベスに売却する代わりに、バスク地方にあるバスケットボールチーム『ラボラル・クチャ』に所属するハンガリー人選手アダム・ハンガを獲得するようだ。

 もちろんサッカーチームではなく、獲得すればバルセロナが所有するバスケットチームに入団する。アラベスのオーナーを務めるホセ・ケレヘタ氏はラボラル・クチャのオーナーでもあることから、前代未聞の異競技間トレード案に繋がった。

 すでにケレヘタ氏はハンガがバルセロナのバスケットチームに移籍することで合意したことを認めていることから、ドウグラスのアラベス加入も間近になっているとみられている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/2(火) 12:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。