ここから本文です

バルサの英雄シャビに賞賛の嵐! 地中海の難民援助に自家用ヨットを寄付する慈善活動

Football ZONE web 8/2(火) 20:20配信

アフリカからギリシャに渡る難民救うNGOに資金援助と「AS」伝える

 バルセロナで活躍した元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスが難民保護のために自家用ヨットを寄付したことが明らかになった。スペイン地元紙「AS」が報じている。

【写真特集】歴代の名手が勢揃い! バルサが売却した「高額移籍金選手トップ10」

 現在シャビはカタールの強豪アル・サッドでプレーしているが、バルセロナのNGO組織「プロアクティブ・オープン・アームス(POA)」は地中海で遭難し、死亡事故の続出している難民を救うために動き出したシャビの慈善活動を発表した。

 この組織はギリシャのレスボス島に基地を持ち、地中海からギリシャに入国しようとするアフリカからの戦争難民救助に従事しているという。シャビは自家用ヨットを寄付したが、このヨット自体は難民救助を行うわけではないという。

 どうやって貢献しようとしているかというと。ヨット自体をオークションにかけるという方法だ。この資金を元手に将来的な救援活動が進められることになるという。

英紙、仏紙もビジョンの広さを賞賛

 シャビの活動は英地元紙「ザ・サン」も「何てヨットのジェスチャー! バルセロナのレジェンドが地中海を縦断する難民救助に個人所有のヨットを寄付」と見出しで特集。「NGO組織であるPOAに対して、元スペイン代表MFの36歳が持っていた鍵を引き渡した」とその行動力を伝え、ほかにもフランス地元紙「レキップ」も報じている。

 かつてはバルセロナの中盤でピッチ全体を見渡す視野を駆使してゲームメークしたシャビだが、フィールド外でもそのビジョンの広さを発揮して高い賞賛を集めている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/2(火) 20:20

Football ZONE web