ここから本文です

「ベンゼマは無罪」。セックステープ事件の容疑者が認める

フットボールチャンネル 8/2(火) 12:14配信

 リヨンに所属するMFマテュー・ヴァルブエナのセックステープをめぐる恐喝事件で共犯容疑をかけられたレアル・マドリーFWカリム・ベンゼマだが、容疑者のひとりが彼の無罪を認めている。1日付け『レキップ』が報じた。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ベンゼマは一連の恐喝事件でヴァルブエナに脅迫電話をかけるなど首謀者とのパイプ役を果たしたと疑われていた。

 しかし、3人の主犯のうちの一人であるムスタファ・ゾウアウイ容疑者は「ベンゼマは無罪である」と供述し、さらに「彼をこの件に巻き込んだのは自分だ」とも認めている。

 ゾウアウイ容疑者によると、ベンゼマにセックステープの存在を伝えたのは彼自身で、ベンゼマはそのビデオを見ることすらなかったという。

 ヴァルブエナ恐喝事件を巡って起訴されていたベンゼマは、事件が解明されるまではフランス代表からの追放を言い渡されているが、フランスサッカー協会は事件が解明されれば代表復帰もあると示唆している。

フットボールチャンネル

最終更新:8/2(火) 12:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。