ここから本文です

ディバラはユーベの新たな“象徴”に? 伝統の背番号10&契約延長を打診へ

フットボールチャンネル 8/2(火) 12:53配信

 ユベントスは、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラに対して背番号10と契約延長を打診するのではと1日付の伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 現在背番号10を背負うのはフランス代表MFポール・ポグバだが、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が確実視されており、これが実現すれば10番は空席となる。

 背番号21をつけるディバラに対し、19シーズン在籍した“バンディエーラ”(旗の意。クラブの象徴的な選手を表す)でもあるアレッサンドロ・デル・ピエロらが背負った伝統の背番号10を与えるようだ。

 さらに、ユベントスとディバラは2020年までの契約を残しているが、2021年まで1年延長を予定しており、サインされればディバラの年俸も300万ユーロ(約3億4200万円)から400万ユーロ(約4億5200万円)にアップすることになる。

 加入初年度となった昨季はいきなり19得点を決めるなど輝かしいデビューシーズンを送ったディバラだが、“バンディエーラ”になる日は近いかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/2(火) 13:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。