ここから本文です

就活中のバロテッリ、喫煙姿をパパラッチ。問題児の“悪行”は止まらず

フットボールチャンネル 8/2(火) 17:22配信

 リバプールのマリオ・バロテッリは、今季の所属チームを探している状態であるにもかかわらず喫煙姿をパパラッチされてしまった。英紙『ザ・サン』、伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 昨季はリバプールからミランに期限付き移籍していたバロテッリだが、20試合の出場で1得点と期待外れに終わった。

 ミランは完全移籍での買取はせず、所属元のリバプールもユルゲン・クロップ監督が「新たなクラブを探した方が良い」と戦力外の烙印を押している。

 来たるシーズンに向けて就活中のバロテッリだっだか、バカンスで訪れていたポルトフィーノ(イタリア北西部の高給リゾート地)で、喫煙姿をパパラッチされてしまった。

 バロテッリにはトルコの強豪ベジクタシュへの移籍が噂されたが、同クラブのシェノル・ギュネシュ監督が「計画にない。彼に対する良い印象はない」と、獲得の意思がないことを明らかにしていた。

 ユース選手にダーツを投げる、自宅で花火をする、スピード違反を繰り返すなど、所属したチームで度重なる悪行を繰り返してきた問題児だが、この事件によって新天地決定がまたも遠ざかってしまったかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/2(火) 18:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。