ここから本文です

15歳久保建英、ユース選手権決勝へ意気込み「しっかり日本一を獲りたい」

フットボールチャンネル 8/2(火) 21:23配信

 第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の準決勝が2日に行われ、FC東京U-18が川崎フロンターレU-18に5-1で逆転勝利を収めて決勝進出を決めた。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 川崎F U-18の1点リードで迎えた後半開始から投入されたFC東京U-18の久保建英は、ピッチに入るとすぐに結果を残した。自らの仕掛けで得たフリーキックを直接沈め同点ゴール。この1点がきっかけとなり、FC東京U-18は一気に5得点を奪って逆転勝ちしている。

 試合後インタビューに応じた久保は「決めるしかないと思ったので、入ってよかった」と自らが決めたフリーキックの場面を振り返った。これまで大会を通じてすべての試合に途中から出場しているが、5試合で4ゴールを奪って大会得点ランキング首位に立った。

 15歳の中学生が高校生の大会で得点王を獲得するのは異例中の異例だが、本人は「チーム一丸となってここまでいい雰囲気でこれているので、あと1勝してしっかり日本一を獲りたいと思っています。自分としてはチームの勝利に貢献できるようなプレーができればいい」とあくまでチームの勝利に集中している。

 2年ぶりにクラブユース選手権決勝に進出したFC東京U-18は、4日に行われる決勝で日本一を目指す。久保はその試合でもゴールを決め、チームをタイトルに導けるだろうか。U-18世代の大会で15歳が得点王獲得という快挙を達成できるかにも注目が集まる。

フットボールチャンネル

最終更新:8/2(火) 21:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。