ここから本文です

「ペップのチームに行きたかった」ドイツの新星ザネ、マンC入団

フットボールチャンネル 8/2(火) 21:40配信

 マンチェスター・シティは、EURO2016でもプレーした20歳のドイツ代表の新星リロイ・ザネの加入を発表した。2日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 シャルケから加入したザネは、「このチームに加入できてすごくうれしい。ジョセップ・グアルディオラ監督の存在が、ここを選んだ理由の1つだ」とスペイン人指揮官の下でのプレーを望んでいたことを明かす。

 現時点で移籍金は公表されていないが、同紙によれば3700万ユーロ(約42億円)~4300万ユーロ(約49億円)ということだ。

 ドイツ代表にも選出されているザネは先のEURO2016でも準決勝のフランス戦でプレーするなど、20歳にして代表4キャップを持っている。

 MFイルカイ・ギュンドアン、FWノリートなど、各国の代表クラスを着々と補強するペップ・シティにまた1人有望な若手アタッカーが加わった。王座奪還への準備は万端のようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/2(火) 21:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。