ここから本文です

グーグルも採用の「マインドフルネス」、キャリアに役立つ5つの理由

Forbes JAPAN 8/2(火) 12:00配信

「マインドフルネス」は、職場での注目度がますます高まりつつある考え方だ。アップルやヤフー、スターバックス、そしてグーグルも、従業員向けの福利厚生のプログラムにこれを導入している。



例えばグーグルは、マインドフルネスを学ぶための19時間のコースへの参加を従業員らに認めている。人気は非常に高く、すでに年間数千人が受講しているという。

「マインドフルネス」とは何か?

マインドフルネスは簡単に実践することができ、同時に非常に効果の高い一種の瞑想方法であり、それによって得られる精神状態だ。それまでできなかった「自分自身の思考や行動のコントロール」ができるようになる。マインドフルネスを実践した経験がある人たちは、「瞑想」を行っていないときでも、集中力が高くなる。

マインドフルネスは、ストレスを解消する方法としても優れている。「制御が利かない」、「とめどなくあれこれ考えてしまう」「否定的な考えに集中してしまう」といったことが減っていくからだ。落ち着いて、そして生産的に、忙しい一日を乗り切るための素晴らしい方法だ。

職場で高まるマインドフルネスの人気

マインドフルネスから得られる利点は、数多くある。だが、グーグルなどの企業がこれを熱心に取り入れる最大の理由は恐らく、仕事の成果に直接的な影響が及ぼされることだろう。

ハーバード大学心理学部のエレン・ランガー教授はこれまでに、マインドフルネスに関する多数の研究を行ってきた。そして、マインドフルネスの実践があらゆるタスクにおける成績の向上につながることを確認している。

その他にも、企業がマインドフルネスを重視している理由は幾つもある。その例が、以下に紹介する5つだ。

1. 究極のストレス解消法

ストレスは従業員の業績だけでなく、その人自身を死に追いやる可能性がある。米疾病対策センター(CDC)によると、病院で受診する人が訴える不調のおよそ3分の2が、ストレスに関連するものだ。さらに、医療費として支払われる金額のうち、75%がストレスに関連している。

ストレスは高血圧や自己免疫疾患、がん、心臓疾患、不眠症、うつ、不安神経症その他数多くの病気の原因となる。

マインドフルネスがストレス解消方法として優れているのは、私たちを「闘争・逃走反応に備えた状態」から解放してくれるからだ。そして、精神が明晰で落ち着いている「リラックスした状態」に導いてくれる。

1/2ページ

最終更新:8/2(火) 12:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント