ここから本文です

フォーブス・トラベルガイド推薦、今年の夏行くべき11の旅行先

Forbes JAPAN 8/2(火) 16:00配信

この夏、すべてを忘れて太陽の下で疲れを癒したい? そんなあなたに向け、フォーブス・トラベルガイド編集部が厳選した11の旅行先を紹介しよう。



マーサズビンヤード島(米マサチューセッツ州)

可愛らしい三角屋根のコテージや、新鮮なロブスター、そして美しいビーチがあるこの島は、夏の現実逃避にぴったりの場所だ。なかでもフォーブス・トラベルガイドで四つ星を獲得したホテル「シャーロット・イン」は一押し。貴重なアンティーク品であふれ(コーチ・ハウスの部屋にはルイ・ヴィトンのビンテージトランクが)、家庭的な温かさで宿泊者を虜にする(グリーン・ルームで楽しむお茶やシェリー酒、手入れの行き届いた英国風庭園、そしてフレンドリーなゴールデンレトリバーの看板犬も)。

キーウェスト(米フロリダ州)

キーウェスト旧市街で20年ぶりに新築されたホテル「マーカー・ウォーターフロント・リゾート」は、賑やかなデュバル・ストリートからわずか数分という絶好のロケーションにある他、家族連れでも気兼ねなく利用できるプールも魅力だ。子供をプールで遊ばせている間に、目と鼻の先にあるレストラン「セロ・ボデガ」でグリルマヒマヒのサンドイッチと絶品マンゴーマルガリータを堪能しよう。

ハンプトンズ(米ニューヨーク州)

ロングアイランドの東端にあり、天気が良い日には海水浴客でごった返すハンプトンズで今年注目したいスポットはモントークだ。「ガーニーズ・モントーク・リゾート&シーウォーター・スパ」には、600メートルにわたり広がるプライベートビーチがあり、自分用のスペースをたっぷり確保できる。また屋内には、天井まで張られたガラス越しに海を見下ろせる海水プールもあり、そこから一歩出れば太陽が降り注ぐデッキに出ることもできる。

チャールストン(米サウスカロライナ州)

しゃれたチャールストンの街並みを見下ろしながら、屋上で地元名物のお菓子ハッシュパピーや牡蠣に舌鼓を打ちたいのなら、このたびリニューアルオープンしたフォーブス・トラベルガイド推薦ホテル「レストレーション」がお薦めだ。キング・ストリートを散策した後、ホテルの屋上にあるレストランで楽しむ南部料理は格別だ。
--{「白鯨」の島で大海原を航海}--
バリ島(インドネシア)

家族旅行には、「ソフィテル・バリ・ヌサ・ドゥア・ビーチ・リゾート」のマグニフィスク・ファミリー・プランがお薦めだ。2部屋目の宿泊料が5割引きに、8歳未満の子どもの朝食が無料になる。朝の腹ごしらえを終えたら美しいビーチに直行し、バレーボールやサッカー、ジェットスキーやシュノーケリングなどのウオータースポーツを楽しもう。

ナンタケット島(米マサチューセッツ州)

ハーマン・メルヴィルは、この島の捕鯨の歴史に着想を得て小説「白鯨」を書きあげた。フォーブス・トラベルガイドの四つ星ホテル「ホワイト・エレファント」では、カスタムメードのヨット「ヒンクリー号」に乗って、ナンタケット湾、コスカタ コートゥー野生動物保護区、そして少し離れたタッカーナック島やマーサズビンヤード島などを巡ることができる。航海を終えたら、素晴らしいハーバービューと心地よいベッドを備えたホテルでの滞在を堪能しよう。

サンタ・ローザ・ビーチ(米フロリダ州)

あまり知られていないが、サンタ・ローザ・ビーチはフロリダ州でも指折りのリゾートだ。パナマシティー・ビーチとデスティンをつなぐ道路沿いにある「30A」と呼ばれる地区にあるこの町は、落ち着きのある趣が魅力。フォーブス・トラベルガイドの四つ星ホテル「ウォーターカラー・イン&リゾート」は、可愛らしいブティックとおいしいレストランに囲まれた上品なビーチリゾートで、夏季限定のプランとして、自転車やビーチクラブ利用、カヌー、カヤックをまとめたパッケージも用意している。

サンディエゴ(米カリフォルニア州)

サンディエゴを満喫するなら夏が一番だ。暑過ぎず寒過ぎない気候と、果てしなく広がる絶景があなたを待っている。海岸から30分ほど離れた「ビエジャス・カジノ&リゾート」ではこれに加え、夏季には豪華な屋外イベントスペースでクラブ/音楽イベント(土曜夜)、映画上映(日曜夜)を開催している。
--{大人限定のバミューダリゾート}--
フィレンツェ(イタリア)

フィレンツェは元々夏に人気の旅行先だが、フォーブス・トラベルガイドが四つ星を付けた歴史ある「ホテル・ブルネレスキ」は、市内散策や、フィレンツェ近郊で8月16日まで開催されている毎年恒例の競馬「シエーナのパーリオ」観光の拠点として最適。街の喧騒を逃れ、メルセデス・ベンツでのプライベート送迎や充実したアメニティーなどのサービスを受けられる。

セント・トーマス島(米領バージン諸島)

人気トロピカルカクテル「ブッシュワッカー」発祥の地はフロリダ州ペンサコーラだとの説もあるが、フォーブス・トラベルガイド推薦ホテル「リッツ・カールトン・セント・トーマス」のイタリアンレストラン「エッセンツァ」に勤める気さくなバーテンダー、バート・ベロットによると、このカクテルのレシピは彼が数十年前に米バージン諸島のバーで思いついたものだという。ヨットクルーズや子供向けゲームを楽しむ合間に同レストランで休憩し、カクテルの起源にまつわる話を聞いてみよう。

バミューダ諸島(英領)

静かなバケーションを楽しみたいのなら、大人限定の「ケンブリッジ・ビーチズ・リゾート&スパ」がお薦めだ。元人気スポーツ選手から新婚カップルまであらゆる客のニーズに応えたサービスが売りで、スタッフの温かい笑顔や、部屋からの絶景があなたを迎えてくれる。滞在期間に応じて特典がつくプランも用意されている。

フォーブス トラベルガイド

最終更新:8/2(火) 16:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。