ここから本文です

【総体】流経大柏が「鬼プレス」と「思い切りの良さ」で青森山田を撃破!!

SOCCER DIGEST Web 8/2(火) 1:38配信

プレミアEASTでの差を無視するかのような勢いで押し込む。

 夏の暑さに逆らう流経大柏が、失っていた勢いを取り戻しつつある。インターハイ準決勝が1日に行なわれ、流経大柏(千葉1)が2-1で青森山田高校(青森)を下して3年ぶりの決勝進出を決めた。
 
 キックオフから鬼のプレスで圧倒し、一方的な流れに持ち込む様は「飲み込む」とい表現がふさわしいものだった。相手がバックパスをすれば、FWがGKまで追いかけ、ロングボールを蹴らせてはセカンドボールを拾い、波状攻撃を仕掛けた。ここまでの3試合で計2得点しか挙げていないように得点力が不足している部分はあるが、入るまで打ち続けるつもりなのかと思うほど、序盤から積極的に押し込んでシュートを放った。
 
 本田裕一郎監督が不在の今大会で陣頭指揮を執っている榎本雅大コーチは「シュートがしょぼいぞ。もっと思い切り行け」と選手に伝えたという。
 
 それならばと打ちまくるうち、スーパーゴールが飛び出した。右サイドの空中戦のこぼれ球に反応した左MF冨永和輝が落下直後のバウンドボールを右足で豪快に振り抜いて先制ゴール。予想し難いタイミングのシュートで、ゴールまでは多少距離があったが、FC東京入団が内定している青森山田のGK廣末陸も反応し切れなかった。
 
「思い切って振れと言われていたし、自分自身も得点がなかったので、思い切って振ったら良いコースに飛んだ」という冨永の一撃でさらに勢いに乗った流経大柏は、夏の暑さに逆らうような猛プレスで青森山田のパスワークを完全に遮断。試合を圧倒したまま前半を終えた。
 
  両チームが所属する高円宮杯U-18プレミアリーグEASTでは、青森山田が首位と僅差の2位で、流経大柏は最下位。しかし、流経大柏はリーグ戦の成績を一切無視するかのような勢いを見せた。後半も選手交代を盛んに行うことで運動量を継ぎ足しながら、徹底してプレス。青森山田も長身選手を前線に揃えて対抗し、後半31分にロングパスをFW佐々木快が頭で折り返したところをMF郷家友太がボレーで押し込んで同点としたが、流経大柏の勢いは止まらなかった。
 
 後半アディショナルタイム、流経大柏は右MFからボランチに変わっていたMF本田憲弥が攻撃参加。右サイドで起点を作ったMF加藤千尋からパスを受けると、ドリブルで相手DFをわずかに外して相手の外側からゴールポスト右を狙う技ありのシュートを放った。青森山田のGK廣末が鋭い反応を見せたが、ボールはポストを叩いて跳ね返り、流経大柏のMF河西守生がすかさずボレーで押し込んで勝利を決定付ける2点目を奪った。
 
 ポスト直撃弾を放った本田は「運動量ならみんな自信がある。プレスで相手を困らせて、自分たちのペースでできた。追いつかれた後も相手は運動量が落ちて、中盤と最終ラインが間延びしていたので、前でボールが収まったら運動量を出して狙いに行こうと思っていた。いつもなら、パスを選択していると思うけど、今日は決めてやろうと思った」と思い切りの良い飛び出しから生まれた決勝点を振り返った。
 

【インターハイ】準決勝PHOTOハイライト①青森山田×流経大柏

1/2ページ

最終更新:8/2(火) 4:37

SOCCER DIGEST Web