ここから本文です

【総体】戴冠まであと1勝!! 市船の主将・杉岡大暉が明かす「ターニングポイント」とは?

SOCCER DIGEST Web 8/2(火) 4:55配信

「自分たちでしっかり判断してやれている」(朝岡監督)

[インターハイ準決勝]市立船橋 1-0 昌平 8月1日/広域公園第一球技場
 
 盤石の試合運びで、市立船橋が昌平の勢いを飲み込んだ。史上最多9回目のインターハイ制覇まで、あと1勝だ。
 
 ここまで5試合・1失点(しかもPK)の鉄壁ディフェンス陣を後ろ盾に、立ち上がりからイニシアティブを掌握。前半30分に鋭く仕掛けた右SB真瀬拓海のクロスをFW太田貴也が倒れ込みながらゴールにねじ込み、これが決勝点となった。前半は一進一退の攻防が続いたが、市立船橋はハーフタイムに中盤での守備バランスを修正し、昌平の司令塔・針谷岳晃へのマーキングを強化。針谷は「いままでで一番プレスが速かった。本間(椋)へのラストパスもいつもなら出せるところで、出せなかった。球際の強さが尋常じゃなかったです」と脱帽した。
 
  まさに、大人の貫録だ。朝岡隆蔵監督もチームの修正力と対応力に太鼓判を押す。
 
「ちゃんと一つひとつ整理して、自立し始めてきたところがある。こっちがああだこうだと言わなくても、積み上げてきた経験値のなかで自分たちで判断して、しっかりやれている。ちょっと言えば状況を受け入れて、その答を出すのが早い。以心伝心じゃないけど、迷いがないんですよ。3年生が多いのもあって、つねに同じ絵を描けている。この大会での成長分ですね」
 
 インターハイを目前に控えた7月上旬、プレミアリーグEASTで首位を快走するチームに“緩み”が生まれた。朝岡監督に言わせれば、「勘違いしていた」。チームは7月3日の大宮ユース戦を0-1で落とし、大きな危機感を募らせたのが主将のDF杉岡大暉だ。
 
「エネルギーがまるでなくて、このままずるずる行っちゃうんじゃないかと、嫌な感じがしてた。自分たちで変わるしかない。だから個人に任せました。そのあとのFC東京戦(7月9日)も0-1のビハインドを背負ったんですけど、そこから徐々に盛り返せて、なんとか(85分に)追いついた。立ち直れた。あの試合で負けていたら、いまここにいなかったかもしれません」
 

【インターハイ】準決勝PHOTOハイライト②市立船橋×昌平

1/2ページ

最終更新:8/2(火) 4:55

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革