ここから本文です

【総体女子】藤枝順心が悲願の夏制覇! ラッキーガールが殊勲弾!!

SOCCER DIGEST Web 8/2(火) 14:05配信

グッとラインを押し上げて攻め込んだ後半、「こぼれ球を狙っていた」と語る上田が決勝点!

【総体女子決勝】藤枝順心1-0作陽|8月2日|Eスタ
 
 ともにインターハイで初の決勝進出だ。選手権Vの藤枝順心は準決勝で“絶対女王”日ノ本学園との大一番を制し、作陽は星槎国際湘南、十文字と強豪をなぎ倒して勢いに乗る。持ち味が異なる柔と剛の対戦は、立ち上がりから見どころ満載だった。

【インターハイ】女子決勝PHOTOハイライト藤枝順心×岡山作陽



 序盤からペースを掴んだのは藤枝順心。最終ラインからのミドルパスを軸に作陽のラインを押し下げ、じわじわとポゼッションを高めていく。「(作陽の武器は)前線からの激しいプレス。そこを出させないようにと注意を払っていましたし、焦れてこっちも蹴っちゃわないように、ゆったりした流れにしたかった」とは、多々良和之監督だ。MF福田ゆいの展開力とMF千葉玲海菜の局面打開力を武器に、主導権を握った。
 
 ただ、作陽も負けてはいない。MF松島育美とMF山﨑涼帆の2ボランチが封じ込まれ、守→攻の切り替えがままならないなか、CB蓮輪真琴を中心とした守備ブロックが中央に堅牢を築き、得点機までは作らせない。逆にU-17日本代表の右SB冨田実侑の単独突破や蓮輪のロングフィードを活かしつつ、前半終了間際にあわやの場面を二度も掴んだ。どちらに転んでもおかしくない展開だった。
 
 しかし、後半になると作陽自慢の機動力に陰りが見られる。「ワイドに配球してくる相手をケアするので目いっぱいになって、クリアボールを拾えず、ボールを前に運べなくなった」(池田浩子監督)。ここまでの3試合でハードワークを貫いたツケが回ってきたのか、持ち前のハイブリッドサッカーが鳴りを潜めてしまう。
 
 グッと最終ラインを上げて、コンパクトなスペースに作陽を押し込む藤枝順心。後半7分には、FW塩見愛香に代えて運動量が豊富なMF上田桃を投入。同12分には右SB山本さゆりが右サイドをえぐって好機を創出するなど、徐々に作陽ゴールに近づいていく。そして迎えた後半20分、ついに先制点が生まれる。左膝を傷めて満身創痍の福田ゆいの放ったフリーキックを相手GKがファンブル。「こぼれ球を狙っていた」と語る上田がこれを頭で押し込み、藤枝順心がリードを奪う。

1/2ページ

最終更新:8/3(水) 1:27

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ