ここから本文です

【総体男子】市立船橋が史上最多となる9度目の戴冠!流経大柏を下して頂点に

SOCCER DIGEST Web 8/2(火) 18:16配信

押し寄せた怒涛の赤い波──。何人かの選手は延長戦を覚悟していた。

【総体男子決勝】市立船橋1-0流通経済大柏|8月2日|Eスタ
 
 後半アディショナルタイム、怒涛の赤い波が押し寄せた。切っても切っても続く、流経大柏のリスタート。1点をリードする市立船橋のMF高宇洋は、「かなり苦しかった。1年前を思い出しました」と振り返る。

【インターハイ】男子決勝PHOTOハイライト 市立船橋×流経大柏



 昨年の決勝戦、1点を追う市立船橋はラストワンプレーのリスタートから東福岡のゴールを割り、土壇場でスコアをタイに戻した。今回は俺たちがやられるのか──。何人かの選手は延長戦を覚悟していたという。
 
 だが、矢継ぎ早に繰り出されるクロスを懸命のクリアで弾き返し、がら空きのゴールに流れたボールはDF原輝綺がライン上でブロックした。ロスタイムはすでに5分を経過。流経大柏の10番、菊地泰智が放った渾身の直接フリーキックをGK井岡海都がしっかりキャッチし、終了のホイッスルが鳴り響いた。
 
 大注目の千葉県勢による決戦は、1-0で市立船橋がモノにした。「いろんなことがフラッシュバックしました」と目頭をおさえたのは、朝岡隆蔵監督だ。
 
 エリアライバル同士の熱戦は、立ち上がりからがっぷり四つに組む展開。激しい肉弾戦がそこかしこで繰り広げられ、技巧とタフネスが高次元で交錯した。極度にコンパクトになった中盤をどちらが制するのか。前半10分に流経大柏のMF加藤千尋が両チームを通じて初のシュートを放つと、市立船橋も13分、17分とチャンスを迎える。

 普段なら流麗なパスワークを見せる両雄ながら、次第に中盤を省略し、敵DFラインの裏を狙うボールが増えていく。徐々に膠着状態に陥るなか、均衡を破ったのは紺碧の精鋭。前半ロスタイム、37分だった。
 
 一気のカウンターから、左サイドをMF西羽拓が打破し、最後はMF野本幸太が左足で中央へグラウンダーのクロス。これに呼応し、豪快にダイレクトでねじ込んだのがFW村上弘有だ。打撲のためコンディションは万全ではなかったが、「決勝にみんなが連れてきてくれたから、結果を出せてよかった。めちゃくちゃ嬉しい。迷わず思い切り撃ちました」と会心の笑みを受かべた。

1/2ページ

最終更新:8/3(水) 2:10

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。