ここから本文です

【リオ五輪】ネイマールがマイケル・ジョーダンとのコラボ・スパイクを着用!

SOCCER DIGEST Web 8/2(火) 19:19配信

互いを尊敬する2人の夢のコラボレーションが実現。

 7月30日の親善試合、日本U-23代表戦で2アシストを記録して2-0の完勝に貢献したブラジルU-23代表のネイマール。この背番号10が同試合でお披露目したニュースパイクが、あのマイケル・ジョーダンとのコラボレーションで話題を呼んでいる超限定モデルだ。
 
 バスケットボール界はもとよりスポーツ界でも屈指のスーパーレジェンドであるジョーダンは、世界中で愛されており、ネイマールも子供の頃からの大ファン。一方のジョーダンもネイマールのピッチ内外のスタイルを気に入っており、両者のサプライヤーである『ナイキ』の協力の下、夢のコラボレーションが実現したのだという。
 
 ネイマールが愛用するスパイク『ハイパーヴェノム』の最新モデルをベースに、アッパーに彼がプライベートで履いているバスケットボール・シューズ『ジョーダン V』のシャークティース(サメの顔)、シューレースに息子のイニシャル(ダビ・ルッカ=DL)とブラジル国旗、左足にブラジル代表での背番号(10)、右足にジョーダンの背番号(23)、そしてアウトソールと踵にかの有名なジャンプマン・ロゴをあしらった、スペシャルすぎる一足だ。
 
 ネイマールが「マイケル・ジョーダンは偉大なアスリートの代表です。優れたプレーヤーであり、王者である彼をずっと尊敬してきました。自分のスパイクにジョーダンのアイコンを付けられることは、僕にとってとても大きな意味があります」と語れば、ジョーダンも「ジョーダン・ブランドとネイマールが一緒に仕事をすることに興奮を覚えます。彼のクリエーティブなパフォーマンスや情熱を注いだプレースタイルは、まさにジョーダン・ブランドが表現したいことと重なります」とコメントするなど、両者とも今回のコラボレーションを喜んでいる。
 
 フットボールでは初めてジャンプマン・ロゴが入ったこの『ナイキ ハイパーヴェノム ファントム II NJR FG』を履いて、ネイマールはリオデジャネイロ五輪で王国悲願の金メダル獲得を目指す。

最終更新:8/3(水) 0:22

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。