ここから本文です

ザネがドイツ人史上最高額でマンC移籍決定! 獲得を熱望したグアルディオラも「特別な才能」と激賞する

SOCCER DIGEST Web 8/2(火) 20:06配信

ザネにとってもペップにとってもまさに相思相愛の移籍だった。

 8月2日、マンチェスター・Cがシャルケからレロイ・ザネを獲得したことを発表。5年契約で背番号は19に決まった。
 
 現地メディアは移籍金が5000万ユーロ(約60億円)になったと報じており、2013年にメスト・エジル(R・マドリー→アーセナル)が記録した4700万ユーロを上回るドイツ人選手の最高額を更新した。
 
 1996年1月生まれで現在20歳のザネは、2014年4月にシャルケでトップチームデビュー。左足の高度なテクニックと抜群のスピード、そして大舞台でも物怖じしないパーソナリティーを備えたレフティーの逸材で、公式戦44試合で9得点・7アシストを記録するなど昨シーズンに一気に台頭する。15年11月にはドイツ代表デビューを飾り、今夏のEURO2016の登録メンバーにも選出された。
 
 今夏の移籍市場ではバルセロナ、バイエルン、R・マドリー、リバプールなどビッグクラブが狙う人気銘柄となったものの、ジョゼップ・グアルディオラ新監督の強い意向もあって5000万ユーロの巨費を用意したマンチェスター・Cが、熾烈な争奪戦を制した。
 
 ザネ本人が「ここに来れてとても嬉しい。シティに決めた理由のひとつが、ペップ・グアルディオラだった。僕を説得してくれたし、彼の下で多くのことを学べると思っている」と語れば、グアルディオラも「特別な才能だ。素晴らしいテクニックとスピードを持っている。サポーターを興奮させてくれるだろう」とコメント。まさに相思相愛で成立した移籍だった。
 
 本職は右ウイングながら、左ウイングやトップ下、さらには偽のCFでも機能する可能性を秘めた超逸材ザネを、これまで多くの選手を育て上げてきたグアルディオラはどのポジションで起用し、いかに成長させるのか。注目だ!
 

【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

 

最終更新:8/3(水) 11:57

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。