ここから本文です

ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、キッズ・ロック・バンドとサプライズ共演

ローリングストーン日本版 8/2(火) 17:00配信

ギタリストがブロードウェイ『スクール・オブ・ロック』のキッズ・ロック・バンドについて語る:「演奏家としても優れていたし、とても素晴らしい子たちだった」

【動画あり】ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、キッズ・ロック・バンドとサプライズ共演

ブロードウェイ・ミュージカル『スクール・オブ・ロック』のリハーサル中、出演者の若きバンドのステージにサプライズ・ゲストが登場した。ハードロック・バンド、ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストのスラッシュが、ニューヨーク都市圏でのツアー公演の合間を縫って、子供たちと一緒にバンドの楽曲『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』と『パラダイス・シティ』を披露したのだ。

プレティーン世代の若きミュージシャンたちが『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』の演奏を開始すると、スラッシュが突然ステージに登場し、天才ギタリスト、ザック役を演じるブランドン・ニーデラウアーの横に並んで演奏を行った。ふたりが有名なリフをユニゾンで披露した際、ニーデラウアーは大御所ロックスターのパフォーマンスを注意深く観察していた。バンドのソウルフルなリード・シンガー、トミカ役を演じるボビィ・マッケンジーは、自分の背後にサプライズ・ゲストが来たことに気づかず、パワフルに歌い続けていたため、曲を歌い終えた後に彼を見た時、衝撃を受けた様子だった。

スラッシュはバンドと共に『パラダイス・シティ』の激しいパフォーマンスを披露した後、子供たちとの写真撮影のためにポーズを取り、若きミュージシャンとの交流を行った。「こんなに情熱的で才能溢れる若きロックンローラーたちとたくさん出会えて、本当に良かった。彼らは演奏家としても優れていたし、とても素晴らしい子たちだったよ」と、ギタリストはローリングストーン誌に語っている。

}--
ミュージカル版『スクール・オブ・ロック』の即興セッションにゲストで登場したのは、スラッシュが初めてではない。ミュージカルで自身の音楽が大きくフィーチャーされているスティーヴィー・ニックスが、ある公演で、出演バンドと共に『リアノン』を披露したことがある。ニックスはこのミュージカルを何度か観劇したことがあり、トニー賞にノミネートされた出演者アレックス・ブライトマンによると、彼女は自分のツアーにこのバンドを参加させたいと考えているという。

ガンズ・アンド・ローゼズは今年初め、アクセル・ローズ、ダフ・マッケイガン、スラッシュのオリジナル・メンバーで再結成し、「Not in This Lifetime」ツアーに乗り出している。4月にはコーチェラ・フェスティバルでパフォーマンスを実施したが、今後は11月まで北米と南米を回り、ライヴを行う予定だ。

Translation by  Shizuka De Luca

BRITTANY SPANOS

最終更新:8/2(火) 17:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。