ここから本文です

ポケGO、リリース10日経過 飽きた人の声

R25 8/3(水) 7:01配信

7月22日に日本で「ポケモンGO」がリリースされて10日が経過。世界中でブームとなるなか、日本でもリリース前に内閣サイバーセキュリティセンターから注意喚起が行われるほど注目され、リリースとともに爆発的人気を呼んだ。しかしもともとポケモンに興味がなかったユーザーも多く取り込んでいるためか、早くも“飽きた”という声も出始めている。

Twitter上には、

「ついにモンスターボールをリアルマネーで購入してしまった つらい ボール貧乏はつらいんだ ゆるせ」
「ちなみにここ数日はとにかく歩き回っていて、ポケモンGOのレベルはついに20代へ突入。CP1000越えのポケモンたちもたくさん集めちゃうまでに成長しました(ポケ廃人)。」(原文ママ)

など、順調に“ポケ廃人”になる人がいる一方で、

「ポケモンgoめちゃくちゃやったけど完全飽きたわ、アンインスコm(_ _)m」(編集部注:アンインストールしたという意味)
「カビゴンつかまえた時点でポケモンGOのピークは自分の中で過ぎた感ある」
「『ポケモンGO』レベル20でそろそろ飽きた。レベル上がるほど捕獲が面倒になるし、これ以上ズバットやコラッタ捕まえてもあんまり意味が無いし、ジム戦もガチ勢に占拠されてて微妙だし、やることが尽きた。アップデート待ち」

と、数日で飽きてしまったという人の声が徐々に出現。ただしこういうユーザーに対しては、

「ポケモン飽きた人ほぼソロプレイヤー説」
「『もうポケモンGO飽きた。まだやってるの?』と言っているのは普段はたいしてゲームを触らない、所詮はミーハーなニワカでしかない。」

と、“とにかく集めること”に喜びを見出すだけの初心者は、そろそろ飽きてくる頃といった指摘もある。

北米でのアクティブユーザー数のピークはリリースから1週間後だったと言われるが、それでも驚異的なユーザー数を保っている。日本での人気が今後どうなるかは、これからのアップデート内容次第なのかも。

(花賀 太)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/3(水) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。