ここから本文です

映画「君の名は。」など最新映画・ドラマを書籍で先取り!

Smartザテレビジョン 8/3(水) 5:00配信

テレビと書籍を共に楽しめる注目のエンタメを紹介。8/26(金)から公開される映画「君の名は。」の監督が自ら執筆した原作小説や、現在放送中のアニメ「バッテリー」(フジ)、ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」、「神の舌を持つ男」(TBS系)の原作小説がそれぞれ好評発売中だ。

【写真を見る】神木隆之介が声優を務める東京の高校生・瀧

■ アニメ史に残る傑作との呼び声も!

「言の葉の庭」('13年)など、美しくリアルな映像と繊細な心理描写で知られる気鋭のアニメーション監督・新海誠の最新作「君の名は。」。違う世界に暮らしていた瀧と三葉は、お互いの心が入れ替わるという現象に見舞われる。初めはそれを夢だと思うが、入れ替わりは頻繁になり、自分の体に戻った後も、その記憶が残るように。瀧と三葉は、謎が解けないまま、相手を自分の分身のように感じ始める。前評判では、日本アニメ史に残る傑作と語られる本作。小説版で、その美しくも衝撃的な物語を先取りしておきたい。

■ 巧と豪の友情物語がアニメでよみがえる!

あさのあつこの原作小説「バッテリー」は、岡山県の中学校野球部を舞台に少年たちの友情を描き、大ヒットした。放送中のアニメ版でも、天才ピッチャーの巧(声=内山昂輝)が、キャッチャーの豪(声=畠中祐)と出会い、巧の病弱な弟・青波(声=藤巻勇威)も交えて、お互いを深く理解するようになっていく。

■ 本格サスペンスのニューヒロインが誕生!

「あさが来た」('15~'16年NHK総合ほか)のヒロイン・波瑠がフジ系ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」で本格サスペンスに挑戦。新人刑事の比奈子(波瑠)は、驚異的な記憶力を買われ殺人事件の捜査員に。心の闇を抱えた彼女は、捜査しながら、殺人そのものに魅入られていく。原作小説では、比奈子が立ち向かう事件の背景がスリリングに描かれる。

■ 堤幸彦ワールド全開の最新ドラマ

大ヒットドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」('10年TBS系)の堤幸彦監督によるコメディータッチのミステリー「神の舌を持つ男」が放送中。主人公の蘭丸(向井理)と彼にほれている光(木村文乃)、謎の男・寛治(佐藤二朗)が温泉地を巡りつつ、殺人事件を解決していく。ノベライズ本でも、ボケツッコミ満載のセリフや本格派の謎解きが堪能できる。

※週刊ザテレビジョン2016年8月3日発売号の「読む!エンタ」で詳しく紹介

最終更新:8/3(水) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。