ここから本文です

高嶋政宏「機動捜査隊は最も天樹らしい部署」

Smartザテレビジョン 8/3(水) 6:00配信

テレビ朝日系で放送中の東山紀之主演ドラマ「刑事7人」(毎週水曜夜9:00-9:54)で、「警視庁捜査一課12係」の係長・沙村康介を演じる高嶋政宏にインタビューを行った。

【写真を見る】高嶋は「いま、理想の上司を目指しています!」と野望を語る

本作は、機動捜査隊に異動した天樹や法医学者・堂本(北大路欣也)らおなじみのメンバーが、警視庁最強の“別動捜査隊”として、凶悪犯罪に立ち向かう姿を描く。

――高嶋さん演じる沙村について教えてください。

いま、”理想の上司”を目指しています(笑)。前シーズンは天樹(東山)の存在がきっかけでチームが出来て、それから僕らは別の視点から捜査をして犯人を逮捕できるんじゃないかという自信が芽生えました。

さらに第2シリーズから、沙村は「警視庁捜査一課12係」の係長になったことで、180度意識が変わりました。話し方も丁寧になっています。

――現在、撮影中だと思いますが、どのような思いで演じられていますか?

捜査一課の中でもかなり癖のある、落ちこぼれなのか、落ちこぼれじゃないのかギリギリの線にいる僕たちが、天樹という男に触れたことによって、今回の「刑事7人」は一段とグレードアップしています。

ストーリーのトーンも違いますし、沙村らはただ熱いだけじゃない、冷静な中にもメラメラと燃える“犯罪を解決に導く”という思いを大事にしています。

――天樹演じる東山さんの印象はどうですか?

天樹は機動捜査隊に所属しているんですが、最も天樹らしい部署だなと。普通、機動捜査隊は2人で組むんですが天樹は1人です。

機動捜査隊は、一番最初に誰よりも早く現場に行くんですけど、天樹は1人で現場に行って、初動捜査をして他のチームがきたら帰ってしまう。より一層、天樹のローンウルフ感が出ていますよね! 

――12係のメンバーには見えない絆を感じます。

みんな性格も所属もバラバラで、でもそれぞれが引き付け合っていますね。「あの人の私生活は興味ないけど、一緒に捜査をしていると何かうまくいくんだよな」というメンバーが集まっている感じです。俳優でも、ロックバンドでも、現場で一緒にやるとプラスアルファが生まれます!

――そんな中に今回、塚本高史さんが加入しましたがどうですか?

青山という若い刑事の役なんですが、やんちゃさを残しながらも、瞳の奥に「絶対に事件を解決するんだ!」という強さがあり、素晴らしいですね! 

――第1話で沙村が「俺が拾ってやる」と青山を12係に誘っていましたね。

本当に格好いいこと言っていましたね(笑)。あれぞ、刑事ドラマならではです。ああいったせりふを言える日が来るなんて思わなかったです。カットがかかった時に、物陰でガッツポーズするくらいうれしかったです。

――今回は、凶悪で難解な事件に立ち向かうことが多いですね。

最初に、台本を読んでいると「この人が犯人!」と思った人が犯人じゃなかったり、自分の予想と違うことも…(笑)。知り合いの俳優さんがゲストで出演すると「犯人はこの人なんだろうな…」と思うんですけど、全然違ったり。

そんな、いい意味で裏切られて、僕らが淡々と犯人を追い詰めていくさまが、見ている人は入っていきやすい気がします。

――「刑事7人」はプロフェッショナルな人たちが得意分野を生かして、事件を解決していきますが、高嶋さんの得意分野はありますか?

ロックですね。ロックは全般的に好きなんですけど、特に“プログレッシブ・ロック”ですね。奥が深いんです! でも、音楽は全般的に聴きますよ。

最近“プログレ女子”も増えてきているんです。現場では誰にも通じないので、あまりこういった話はしません(笑)。でも、プライベートでは“プログレ一色”ですね!

――では、最後にドラマの見どころをお願いします。

第4話から5話とびっくりするような展開があります! 僕も驚きました(笑)。ひっくり返りましたよ。これはもう断言しておきますけど、第4話と第5話は最終回くらいのボリュームがあります! 演じる方も大変です! 

なので、本当の最終回の事件のボリュームがどれくらいになるか心配です。最終回は海か…空…ですかね(笑)。期待していいと思います!

最終更新:8/3(水) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革