ここから本文です

“ハンコ王子”ロマ「日本のハンコは魔法の道具のよう」

Smartザテレビジョン 8/3(水) 6:00配信

「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京系)で密着取材を受け、日本でモデル活動をするための住まい探しと“ハンコ作り”が目的で来日したというエピソードが紹介されるや、「ハンコ王子降臨!」と、イケメン好きの女性たちの間で話題騒然。

【写真を見る】コレクションしている35個のハンコは「自分で買ったものだけじゃなく、ファンの方からいただいたものもあります」

人気急上昇中のフランス人モデル、ロマ・トニオロくんにインタビューを敢行した。

――現在「ハンコ王子」として注目を集めているロマくんですが、この状況を今、どんなふうに受け止めていますか?

たくさんの方々から応援いただき、喜びでいっぱいです。街を歩いていると、ハンコを押してほしいとお願いされることもあるんですが(笑)、声をかけていただけるのはとても光栄ですし、モデルやタレントの仕事をする上で、大きな励みになります。

――そもそも、日本のハンコに興味を持ったのはいつごろですか。また、そのきっかけは?

子供のころから日本が大好きで、特に日本の“漢字”は謎めいていて、すごく興味があったんです。3年前に初めて日本へ来たのですが、その時にいろいろと調べていく中で、ハンコのことを知りました。

日本では、サインの代わりにこれを使って銀行口座を開いたり、家を借りられたりするのだと聞いて、とても新鮮な感じがしましたね。初めて見た時、魔法の道具に見えました(笑)。そして、僕が日本人に近づくためには、ハンコが必要だと強く思ったんです。

――現在、ハンコはいくつ持っていますか?

今、35個あります。一番のお気に入りは、角印のフルネームのハンコ。デザインが気に入ってます。

――確かに「兎弐桜路(トニオロ)浪漫(ロマ)」とフルネームが“漢字”で彫られています(笑)。

今でも、いろんなお店で新しいデザインや素材を見つけると、ついつい買ってしまうんですよ…。でも、それがすごく楽しいです!

――では、最も強く印象に残っているハンコ作りの思い出は?

やっぱり、一番最初に上野で作ったハンコですね。「炉真鶏(ロマトリ)」という漢字を選んだのですが、「真実の鳥」というような格好いいイメージだと思っていて。

でも、よくよく調べてみると「オーブンに入ったフライドチキン」みたいな意味だったらしくて…(笑)。それで新しく作り直すために、違う漢字を一生懸命探しました。そうやって慎重に選んだ漢字が、今使っている「兎弐桜路」なんです。

――では最後に、これからの夢や抱負を教えてください。

日本の美しい文化、特にハンコの素晴らしさを、日本に、そしてフランスにも広めたいと思います。そのために今、ハンコや漢字について勉強中。そしていつか、“ハンコ大使”になりたいです!

先日はテレビ東京系の深夜ドラマ「昼のセント酒」にも出演し、ファンを喜ばせたロマくん。さらに、歌手になることも夢の一つで、現在、歌の練習も頑張っているとか。日本中で愛される“ハンコ大使”になれる日は、そう遠くないのかも。

最終更新:8/3(水) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。