ここから本文です

「タイガーマスクW」主題歌は湘南乃風! イベントも開催

Smartザテレビジョン 8/3(水) 12:00配信

テレビ朝日で今秋スタートするアニメ「タイガーマスクW」の主題歌を、湘南乃風が担当することに決まった。

【写真を見る】新日本プロレスのオカダ・カズチカをはじめとする実在のプロレスラーも登場!

'69年と'81年にテレビアニメ化され、一世を風靡(ふうび)した大人気プロレスコミック「タイガーマスク」。梶原一騎原作、辻なおき作画による初代タイガーマスク・伊達直人の活躍は、その後のプロレスや格闘技アニメに大きな影響を与え、日本のプロレスコミックの金字塔ともいうべきものになっている。

そのタイガーマスクが新たな設定で、今秋に「タイガーマスクW」として復活する。

主人公は小さなプロレス団体「ジパングプロレス」の練習生だった東ナオトと藤井タクマという2人の若きプロレスラー。

「ジパングプロレス」が悪質プロレス団体「GWM(グローバルレスリングモノポリー)」によって潰されたことで、ナオトは復讐(ふくしゅう)に燃え、富士の裾野で訓練を受けて“新タイガーマスク”に。一方、タクマは「GWM」を裏で操る組織「虎の穴」に入り“タイガー・ザ・ダーク”になる。

“光のタイガー”と“闇のタイガー”の2人はリング上では敵対しながらも、共通の敵である「虎の穴」を倒すため闘いに挑む。

今回の作品では新日本プロレスが全面協力し、オカダ・カズチカをはじめとした実在のプロレスラーがアニメに多数登場。2人のタイガーマスクとどう関わっていくかも見どころの一つ。

また、テレビアニメスタートを記念し、現在開催中の「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」でスペシャルイベントの開催が決定。8月17日(水)の昼3時から六本木ヒルズアリーナで行われる予定だ。

当日は湘南乃風が主題歌を初披露。そして、本アニメの出演が決まった梅原裕一郎、鈴村健一、三森すずこ、森田成一、八代拓が集合する。その豪華声優陣の配役がイベント内で発表される。さらに、ゲストとして新日本プロレスの“レインメーカー”オカダ・カズチカが登場し、「タイガーマスクW」への熱い思いを語る。

最終更新:8/3(水) 12:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。