ここから本文です

4月に行われた布袋寅泰の“再現GIGS”を放送!

Smartザテレビジョン 8/3(水) 18:20配信

WOWOWプライムでは、8月6日(土)夜8時から「布袋寅泰 35th ANNIVERSARY LIVE GUITARHYTHM伝説'88 ソロデビュー再現GIGS」を放送する。

【写真を見る】「布袋寅泰 35th ANNIVERSARY LIVE GUITARHYTHM伝説'88 ソロデビュー再現GIGS」より

ことしデビュー35周年を迎えた布袋寅泰によるアニバーサリー企画「8BEATのシルエット2016」の第2弾として、'88年に行われたソロデビューライブを再現したスペシャルライブだ。

4月7日の東京・国立代々木競技場第一体育館には、35年前からのファンはもちろん10代と見られる若者まで多くの布袋ファンが詰め掛けた。'88年のライブと同じ、ギターを抱えた薔薇のアニメーションがスクリーンに流され「再現GIGSが」スタート。

ダンサブルなサウンドにソウルフルなコーラスが重なり、ステージ中央に布袋が登場。激しいビートとギターのリフが刻まれる「C'MON EVERYBODY」、続いて「GLORIOUS DAYS」が披露された。

実験性の高いサウンドにPOPをちりばめる彼のメロディーメーカーとしての類まれな才能が体感できる。MCで、布袋は「28年前、ソロになった時にBOOWYというフォーマットに別れを告げて、新しい布袋寅泰の音楽を作っていこう。そう思って『GUITARHYTHM』のコンセプトを立てました」と語ると、名アルバム『GUITARHYTHM』収録曲、「Dancing With The Moonlight」「GUITARHYTHM」を続けて演奏。そして本編ラストはアルバム最終曲でもある「A DAY IN AUTUMN」のスリリングなギターで、約1時間の本編を締めくくった。

アンコールでは「Diving with my car」などを披露。そして、ことしの新たな布袋とファンのテーマソングといえる新曲「8BEATのシルエット」、大ヒット曲「バンビ―ナ」「DREAMIN'」が演奏され、特別な夜は幕を閉じた。

このステージで布袋が提示したものは、常に挑み続けてきた、そして続けていく音楽家としての自らの矜持にほかならない。原点の一つ『GUITARHYTHM』を再確認した布袋は、立ち止まることなく次のステージへと向かう。

その軌跡を、8月6日にオンエアで見届けよう。

最終更新:8/3(水) 18:20

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集