ここから本文です

「真田丸」吉田羊が“地元入り”、 沼田まつりに参戦

Smartザテレビジョン 8/3(水) 20:14配信

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で、真田信幸(大泉洋)の正室・小松姫(稲)を演じる吉田羊が、群馬・沼田で行われている「沼田まつり」のオープニングセレモニーに参加した。

【写真を見る】吉田は小松姫の“地元”沼田の熱気を体感!

沼田といえば、信幸(信之)が城主を務めた沼田城で知られ、地元の人々も信幸・小松姫夫妻には特別な思いがある。特に、小松姫は関ヶ原で真田家が東軍・西軍に分かれた後、信幸の留守中に沼田城にやって来た昌幸・信繁に対して、断固として入城を認めなかったと言われていて、その毅然(きぜん)とした振る舞いから人気が高い。

吉田は、イベントに先駆けて市内で行われている「真田丸」展を訪れた。ゆかりの地だけに、この会場も信幸と小松姫一色になっていて、吉田のナレーションで真田家と沼田の関係についての解説が聞ける。

沼田の「真田丸」展を初めて訪れた吉田は、「ここの展示は、番組を見ていなくても楽しめそうなものばかりですね。これをきっかけに、訪れた方が『真田丸』を見てくたらうれしいです」と期待を寄せていた。

続いて吉田は、祭りの本会場へ。オープニングセレモニーは、小松姫の人形付きの山車に乗り込み、市街地を進むというもの。吉田は、地元の子供たちが引く山車の先頭に乗り、沿道からの声援に手を振りながら、約500mのパレードを行った。

イベント後、吉田は、「『羊さん!』という声援と同じくらい、『姫さま!』とか『小松姫!』とか、皆さまから声を掛けていただきました。役名で声を掛けていただくことはとてもうれしいですし、街のいたるところに小松姫のモチーフがあり、小松姫は沼田の皆さんに本当に愛されているんだなと感じました」と地元の熱気を実感した様子。

そして「これからも稲、沼田の皆さんを思い浮かべながら、小松姫を演じていきたいと思います」と意気込みを新たにしていた。

「沼田まつり」は8月5日(金)まで開催中。

最終更新:8/3(水) 20:14

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。