ここから本文です

アーセナル、5年間在籍した”元主将”の再獲得を検討か。主力CBが負傷離脱で

フットボールチャンネル 2016/8/3(水) 7:00配信

 負傷離脱したDFペア・メルテザッカーの代わりとして、アーセナルがバルセロナに所属するベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンの獲得を検討しているようだ。2日に英紙『エクスプレス』が報じている。

【写真】有名選手の美人パートナーも登場! 欧州美女特集

 同紙によると、アーセナルはバレンシアのDFスコドラン・ムスタフィを第一候補と考えていたが、ここにきてヴェルメーレンの獲得も検討し始めたとのこと。ムスタフィについてはすでに交渉中だが、4210万ポンド(約56億9000万円)とされる契約解除金がネックとなっている。

 ヴェルメーレンは2009年から2014年までアーセナルに在籍していた。2009/2010シーズンは加入1年目にして主力の座に定着し、プレミアリーグのベストイレブンにも選出されている。

 その後は主将を務めたシーズンもあり地位を確立していたが、怪我に悩まされることも多かった。昨季はバルセロナでプレーしたが足の負傷などにより公式戦20試合の出場にとどまっている。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/3(水) 7:52

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)