ここから本文です

『スーサイド・スクワッド』のM・ロビー、和製ハーレイ・クインのダレノガレに「アメイジング!」

リアルサウンド 8/3(水) 5:00配信

 9月10日に日本公開を控える『スーサイド・スクワッド』のワールドプレミアが、現地時間8月1日、米ニューヨークのビーコン・シアターにて行われた。

 本作は、バットマンやスーパーマンらヒーローによって投獄された悪党たちを描いたアクション・エンターテインメント。プレミアには、メガホンを取ったデヴィッド・エアー監督に加え、デッド・ショット役のウィル・スミス、ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー、ジョーカー役のジャレット・レト、カタナ役の福原かれん、リック・フラッグ大佐役のジョエル・キナマン、キャプテン・ブーメラン役のジェイ・コートニー、エンチャントレス役のカーラ・デルヴィーニュ、エル・ディアブロ役のジェイ・ヘルナンデス、キラー・クロック役のアドヴェール・アキノエ=アグバエ、スリップノット役のアダム・ビーチ、アマンダ・ウォーラー役のヴィオラ・デイヴィスら主要キャストが集結した。

 また、日本からは本作のアンバサダーを務めるダレノガレ明美が参加。花魁姿の“和製ハーレイ・クイン”としてレッドカーペットに登場したダレノガレは、「ファッションショーとは違う環境だったので震えが止まりませんでした。衣装もツインテールと片目ずつ青とピンクにして、和製のハーレイ・クインを意識してみました!」と衣装のポイントを語りつつ、「ハーレイ・クインはぶっ飛んでるんですけど、キュートさもあって、好きな人に対する一途さがすごく見える素敵な映画だと思います。日本のファンにも是非見てもらいたい!」と感想を語った。

 また、来日が決定しているスミスが、レッドカーペット上のダレノガレに気づき、挨拶のキスをする場面も。さらに、ハーレイ・クイン役のロビーは、「こんにちは、マーゴット・ロビーです」と、カタナ役の日系女優・福原かれんからレクチャーしてもらったという日本語を披露しながら、「アメイジング!」と、ダレノガレの衣装を大絶賛した。

 スミス、ロビー、エアー監督とともに来日することが決まっている福原は、「今回日本人の侍を演じるということで、ハリウッドでは日本人が日本人を演じるということは稀なことです。中国人や白人の方が演じたりすることも多いので、今回わたしが演じられたことは、ありがたいと思っています。(日本への来日は、)めちゃめちゃ楽しみにしています! よろしくお願いします!」と日本のファンにコメントを寄せた。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/3(水) 5:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。