ここから本文です

五輪代表がなすべきは「我慢」ではなく「機先を制する戦い」だ

SOCCER DIGEST Web 8/3(水) 17:23配信

ブラジル戦を良しとするなら、本番は一敗地にまみれるだろう

「我慢強く戦う」

 それが、リオデジャネイロ・オリンピックに向けた、日本サッカーの基本的戦略だという。

 辛抱強く戦うことは、正攻法のひとつだ。耐え忍ぶなかで冷静に相手の隙を探し、素早く衝く――。効率的な戦いと言える。事実、手倉森誠監督率いる五輪代表は、アジアをそうして勝ち抜いた。

 8月4日(現地時間)、彼らはマナウスでナイジェリアとの初戦を迎えるが、世界でもその戦い方は功を奏すのか?

 一歩間違えれば、「我慢」は「腰が引ける」という事態に陥る。相手を待ち受ける、という姿勢は、心理的に激しい消耗を引き起こす。攻められる側というのは、攻める側よりも、精神的な疲労度が非常に高い。

 戦いのなかで慎重になり過ぎ、結果的に怖じ気づき、攻め入られてしまうと、相手のペースに引きずり込まれる。無論、守り抜くことで集中力が高まることがあるが、一度崩れたら瓦解しかねない。

 我慢して戦い切れる典型が、イタリアのチームだろう。それは伝統なのか、DNAにすり込まれているのか……彼らは受け身に立っても、疲れを覚えない。

 まるでマゾヒストのように、攻められるたびに攻撃性を充満させていく。そして機を見て、嵩にかかってカウンターを仕掛けられる。驚くべきは、失点後の反発力だろう。ため込んでいた鋭気の全てぶつけるような反転攻撃を見せられる。

 しかし、日本人はこうした戦いを不得手とする。

 日本人選手は、攻撃に攻撃を重ねることでようやく恐怖心を取り除ける。無謀にも見える急速と突進によって相手を攪乱し、急所を突くという戦法を得意とする。

 身体的に、アジリティーとそれを繰り返すスタミナに長け、技術的にスモールスペースでの動きに優れていることから、機動力を利点にした攻撃スタイルが向いているのだろう。

 兵法で言えば「騎兵的」であり、神速を尊ぶ(スピードに対する誤解によって急ぎ過ぎてしまう面もある)。重厚な守りに必要な「歩兵的」な性格ではない。

 大会直前のブラジル戦を「我慢強い戦いだった」として良しとするなら、本番は一敗地にまみれる。

 この試合では、バックラインがずるずると下がり、ボールホルダーに対して距離を取り過ぎ、好き勝手を許している。敵を心理的に自由にしてしまったのだ。結果的に、蹂躙されることとなった。DFの多くは混乱し、試合後は「どうすれば分からなかった」と語っている。

1/2ページ

最終更新:8/3(水) 17:23

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。