ここから本文です

「偉大なゴラッソで復帰は容易!」 スペイン紙が“日本のメッシ”久保の将来のバルサ凱旋を特集

Football ZONE web 8/3(水) 9:22配信

日本クラブユース選手権で直接FKなど輝く

 かつてバルセロナの下部組織「カンテラ」に所属しながら、クラブによるFIFAの規定違反で帰国を余儀なくされたU-17日本代表FW久保健英(FC東京U-18)は今でもスペインで注目を集めている。地元紙「スポルト」が久保が日本帰国後もゴールを量産している特集を組み、バルサへの将来的な復帰に期待を寄せている。

メッシに憧れる日本人の天才少年 その驚愕のテクニックを披露

 現在15歳の久保は2日の第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)準決勝の川崎U-18戦で途中出場して直接FK弾を叩き込んで決勝進出に貢献するなど、真夏の舞台でその潜在能力をいかんなく発揮している。その活躍はバルサを推す同紙に特集を組ませるまでに至った。

 「タケフサ・クボは本物のゴラッソで証明し続ける」とのタイトルで天才少年をクローズアップしている。

 バルセロナは14年3月に18歳未満の外国人選手獲得ならびに登録に違反があったとされ、移籍市場での一定期間の補強禁止だけでなく、18歳未満で獲得した外国人選手も公式戦に出場できない状況となった。久保はその該当者となってしまった影響で公式戦で出場機会を手にするために15年に帰国し、日本でリスタートしている。その逆境にもゴールという結果を残す久保に対して、スポルト紙は絶賛している。

「タケフサ・クボの夢は再びFCバルセロナの一員となりプレーすることである。数カ月前、彼はバケーションでバルセロナの試合を訪れ、かつてのチームメートのプレーを見た。我々のチームにいた選手のレベルは日本において突き抜けており、タケがここでプレーしていた頃よりもさらにフットボールを巧みにプレーする術を知ってきた」

東京五輪代表の星にクローズアップ

 バルサは昨年横浜で行われたFIFAクラブワールドカップに久保を招待。バルセロナは公式ツイッターでジョルディ・メストレ副会長との記念写真を紹介していた。バルサと久保の絆を強調している。その一方、バルサ復帰までの時間的なハードルが存在するという。

 「しかし、規約がもしも変わらないとすれば、タケの復帰、もしくは国外進出まで最低でも3年間は待たなければならない」と日本の至宝への公式戦出場禁止条項に恨み節を見せる一方、「これらの偉大なゴラッソにより、タケがバルサに戻るのは簡単なことに疑いはない。だが今は、耐えなければいけないときは続く」とまで言わしめている。

 2020年東京五輪メンバー入りも期待される“日本のメッシ”は、遠くバルセロナの地からの期待に応えるような成長曲線を描くことはできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/3(水) 12:08

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。