ここから本文です

エイミー・ワインハウスの慈善団体、薬物アルコール中毒女性を支援するホーム開設。

VOGUE JAPAN 8/3(水) 22:00配信

エイミー・ワインハウスのチャリティ団体が、薬物やアルコール依存症の女性たちを支援するホーム「エイミーズ・プレイス」を開設した。2011年に27歳という若さでアルコールの過剰摂取により急逝したエイミーを称え、同チャリティ団体とセントラ・ケア・アンド・サポートの協力のもとにロンドン東部に開設されたそのホームは、女性たちの生活向上や社会復帰するための援助を行っていく。

エイミーの義母でチャリティ団体に携わるジェーン・ワインハウスは、「このプロジェクトは、本当にたくさんの若い女性に重要な変化を与えるでしょう。生活をやり直し、回復の旅に向けて必要な知識を実現する安全な環境をもてるのですから。再出発をするのは難しいことです。たくさんのチャレンジが待っていますが、エイミーズ・プレイスは、若い女性たちにそれを実現できるツールと支援を提供するのです。このエリアの女性にとって必要な支援は大きく不足しているといえ、エイミーズ・プレイスが、どれだけ効果的にそれを実践できるかを見せることになればと願います」と同プロジェクトのコンセプトを語る。

8月22日(現地時間)から開館するエイミーズ・プレイスは12の独立式アパートタイプの部屋を備えており、その部屋を18歳から30歳の16人の女性を対象に短期的に提供し、中毒に対する治療と1人立ちするための住居確保の支援を行う。

このホームに入所する女性全員が薬物とアルコール依存に対するリハビリプログラムを受けることになり、社会復帰に向けてエイミー・ワインハウス基金とセントラ・ケア・アンド・サポートが相談を受け付けたりワークショップを行ったりする予定だ。

Text by Bangshowbiz

最終更新:8/3(水) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。