ここから本文です

ベッカムの愛娘、ハーパーが選んだ「ママには内緒」のインテリア

GQ JAPAN 8/3(水) 19:48配信

デヴィッド・ベッカムの娘、ハーパーが先月5歳になった。誕生日には、頬にキスをするハーパーとのツーショットをInstagramで公開し、「きみはあらゆる意味で特別な女の子だ。これほど美しい魂と共に日々を過ごせるなんて、本当に僕らは幸運だよ」と溢れんばかりの愛情を込めたメッセージを贈った。

【逞しいパパ&おもちのようで可愛いハーパー インスタグラムに投稿された写真はこちらから】

このように、ベッカムのInstagramアカウントには愛する家族との幸せな瞬間を切り取ったポストが多い。

8月3日(英国時間)の朝、おもちゃのキッチンの上に、黒いハイヒールブーツが載っている写真が投稿された。

「誰かの靴がおもちゃコーナーの一部になっているね。シー、パパはママに内緒にしておくよ」

ハーパーには、母親であるヴィクトリアの靴がオブジェのように見えたのだろう。そっと持って来て自分だけのキッチンに飾っている様子は、想像するだけで破顔してしまう。

かつては全身ブラックのスキニーな服に、10センチ以上のヒール靴が定番だったヴィクトリアだが、2016年になって「もうこれ以上は履けない」とハイヒール引退を発表した。その後は公の場でもフラットシューズやスニーカーを着用している。

お役御免となったこのブーツ、ハーパーのインテリアとして大いに活躍してくれることだろう。

岩崎昌子

最終更新:8/3(水) 19:48

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。