ここから本文です

安藤政信、映画俳優として再ブレイクの兆しーー肉体を捧げる演技の色気

リアルサウンド 8/3(水) 6:00配信

 41歳、安藤政信がいま格好良い。長谷川博己、伊勢谷友介、加瀬亮ら同世代のアラフォー俳優の中でも、彼が放つ“色気”は独特なものがある。日本人離れしたルックス、幅広い役柄をこなす演技力は多くの映画監督から愛されてきたが、その魅力は40代に入ったいま、さらに輝こうとしている。

 1996年の北野武監督作品『キッズ・リターン』で映画デビューを果たした安藤はその年の映画賞を総ナメにし、日本映画界に新風を送り込んだ。ボクシングの世界でのし上がり、やがて挫折を知る若者シンジを演じた安藤は、デビュー作から映画に“肉体”を捧げていた。当時、プロのボクシングトレーナーのメニューをこなし、ダウンシーンは撮影後に医者が呼ばれるなど、リアリティの追求から安藤の役者人生はスタートしているのである。

 世の中に強烈なインパクトを与えた桐山和雄役の『バトル・ロワイアル』、松田龍平と男同士のラブシーンを演じた『46億年の恋』、花魁・土屋アンナを支えづけた清次役の『さくらん』など、その確かな演技力で日本映画界に欠かせない存在となっていくが、2008年公開の『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』を最後に活躍の場を数年間中国に移してしまう。

 安藤は「日本映画のオファーがなかったわけじゃないんですよ。ただ、自分を見せられるような役はなくて……正直、自分じゃなくてもいいんじゃないかっていうものばかりで『だったらやんねーよ』と」(引用:安藤政信インタビュー 10代20代を経ていま、感じる「生の感覚」)と、2011年の『スマグラー』出演時のインタビューで語っている。約束されていたかのように見えたスター街道からハズレ、中国へ進出後は当時の所属事務所を退社し、一時期は引退説まで噂された。『キッズ・リターン』ラストのシンジの台詞「もう終わっちゃたのかなあ」を想像したファンも少なくないはず。しかし、『GONINNサーガ』で数年ぶりの復帰を果たすと、彼がまったく“終わってなどいなかった”ことが分かる。

 「来年で俳優生活20年ですが、本気になってきたのはここ最近です。(中略)自分はこれまで、仕事に対して真摯に向き合えない時もあって、それはあまりにも傲慢だった」(引用:安藤政信 事務所退社後3年間のフリー活動を経た胸中)と復帰後のインタビューで語っているように、今年公開の『セーラー服と機関銃 卒業』や『貞子VS伽椰子』での演技を観ると、いまは作品自体を楽しみながら役を演じている印象を受ける。そして、外国映画への参加、事務所退社後のフリー期間、“結婚”を経て、40代の安藤政信の代表作となりそうなのが『花芯』だ。

 瀬戸内寂聴原作の映画『花芯』では、主人公の園子が恋をする夫の上司・越智を演じる。越智は一回り年上の未亡人・北林と関係を持っており、はたから見ればただのずるい男だ。しかし、園子がどうしようもなく惹かれるその理由を、その眼光、指先、佇まいで説得力あるものにしている。これまでの作品同様に肉体を捧げながら、その濃厚な色香が溢れんばかりにスクリーンに焼き付いている。

 作品性の高い映画への出演、数年の雌伏の期間、飽くなき役作りと、40代で再ブレイクした西島秀俊との共通項も多い。役者・安藤政信、その歩みはまだ始まってもいなかったのかもしれない。

石井達也

最終更新:8/3(水) 10:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。