ここから本文です

補強失敗連続のアーセナルがついに強力補強か 魔術師マフレズ獲得で合意と母国メディア報道

Football ZONE web 8/3(水) 10:11配信

ベンゲル監督がマフレズ、代理人と直接会談

 レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズのアーセナル移籍は時間の問題となっているのかもしれない。アルジェリアのサッカー専門メディア「Le・Buteur」は、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督がマフレズとその代理人と直接会談し、移籍について合意に達したと報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 昨季、プレミアリーグで17得点11アシストを記録するなど、奇跡のリーグ優勝に大きく貢献したマフレズはプレミアリーグ選手協会選出のMVPに輝いた。そして、今夏の移籍マーケットで引く手あまたの存在となっている。バルセロナやパリ・サンジェルマンからの興味をも伝えられていたが、特に国内のライバル、アーセナルが有力候補の一つと報じられていた。

 英メディアでも頻繁にニュースが取り上げられている中、最新のレポートによると、獲得を熱望するアーセナルのベンゲル監督はプレシーズンツアーで滞在中の米でマフレズを説得するため、代理人を含めた三者で会談を行ったという。その結果、週給10万ポンド(約1350万円)など条件面で合意に達したという。さらに、マフレズはすでにアーセナルでのプレー希望を明かし、アーセナル加入を強く主張しているという。

ダイナモのカンテ流出に続く大打撃

 レスター側もチームの大黒柱の残留を熱望。アーセナルと同じく週給10万ポンドの慰留オファーを送っている。昨季のチームの中心選手の内、24得点のイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの引き止めには成功したが、ボランチのフランス代表MFエンゴロ・カンテはチェルシーに移籍。マフレズも退団となれば、独力で局面を打開できる高速カウンター攻撃の起点を失う大打撃となる。

 クラウディオ・ラニエリ監督は“魔術師”の異名を持つレフティーの残留をしきりに訴えてきた。「ミラクル・レスター」の躍進を支えたキーマンがチームを離れることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/3(水) 10:19

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。