ここから本文です

オリンピックを100倍楽しむためのトリビア【柔道】

エイ出版社 8/3(水) 17:20配信

知っているようで知らない柔道をおさらいしておこう

撮影/中井敦彦(SPORTS PRESS)

柔道といえば、日本のお家芸。かつては、たくさんのメダルをもたらしてくれた種目であり、多くの有名選手がキラ星のごとく輝いていた。いやがおうにも盛り上がるオリンピックシーズンを前に、知っているようで知らない柔道をおさらいしておこう。

いつから柔道は国技になったのか?

中世に武士が登場して以降、その古典的な戦い方は、まず弓で射合い、次に刀や槍で戦い、最後は組み討つというものだった。戦国時代であっても、最終的には組み討ちになり、これが日本的な柔道の元になったといわれている。

戦のない江戸時代になると、武器での戦いが剣術になっていくように、格闘技も柔術となって多くの流派ができていく。

明治になって、この柔術を体系化したのが嘉納治五郎だ。彼はこれを『柔道』と名付け、『講道館』という道場で教えるようになる。その後、警察学校で教えられていた古い柔術と、この講道館柔道が試合をすると、講道館側が勝利。こうして、柔道は警察学校で、次いで学校教育で導入され、全国的に広まっていった。さらにオリンピック種目として採用されると、競技人口も増えていった。

テレビ映りのよさから、カラー柔道着が採用された

柔道着の色は伝統的に白だった。だが、海外で青い柔道着の選手が登場すると、「見やすいじゃないか」「テレビ受けがいいかも」と採用の動きが加速。日本側は伝統の白を推したが、1997 年、国際柔道連盟がカラー柔道着の導入を決定した。『白球』で高校野球をイメージしたり、『中学生の靴下は白!』と決めつけたり、よく考えれば日本人は白に不思議なこだわりを持っている。ここに具体的な理由はないから、『見やすい』『テレビに映える』という論理的説明には勝てなかったのだ。

金メダルの報奨金、水泳と柔道では全然違う

オリンピックで活躍した選手には、日本オリンピック委員会(JOC)がメダルごとに一律の報奨金を贈っている。

だが、JOCとは別に、各競技でパートナー企業や競技団体からの報奨金が設定されている。ロンドン・オリンピックの水泳では、金メダル獲得者にパートナー企業から3000 万円、競技団体から200 万円が贈られた。だが、柔道はこれがゼロ。「日本の競技だから、メダルを獲って当たり前」という理由ともされるが、あまりの格差に涙が出てくる。ちなみに、リオではJOCからの報奨金が金メダルのみアップするそうだ。

今や競技人口では海外勢に押され気味の柔道だが、リオ・オリンピックではお家芸の名に負けない熱い戦いを期待したい。

M

最終更新:8/3(水) 17:20

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。