ここから本文です

香川の兄貴分MFがドルトムントの盟友放出に激怒!「誰も君に2度目のチャンスを与えなかった」

Football ZONE web 8/3(水) 11:02配信

グロスクロイツがSNS上でヴォルフスブルク移籍のMFクバ「最高の幸運を」とエールも

 日本代表MF香川真司の兄貴分として知られるシュツットガルトの元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツが古巣ドルトムントのポーランド代表MFクバこと、ヤクブ・ブワシュチコフスキの放出に激怒している。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 名将ユルゲン・クロップ監督の下で、ドルトムントの2010-11、11-12シーズンの連覇に貢献したグロスクロイツはフィールド全域をカバーできる超万能型MFとして知られている。そして、14年には香川のマンチェスター・ユナイテッドからの復帰を説得した逸話も持つ親友はドルトムントの情熱的なサポーターとして知られている。

 そんな兄貴が、かつて中盤でコンビを組んだクバのヴォルフスブルク移籍を惜しんでいる。

「君の最高の幸運を祈っている。サポーターにも感謝の気持ちしか存在しない。うまくいかなくなると、誰も君に2度目のチャンスを与えようとしなかった」

 自身のインスタグラムを更新したグロスクロイツはクバの手を振る写真と共にこうメッセージを送っている。グロスクロイツ同様に香川と好連携を誇り、2連覇の立役者となったクバは出場機会を求めて昨季フィオレンティーナに期限付き移籍。セリエAでは故障の影響でリーグ15試合2得点に終わったが、欧州選手権のポーランド代表では5試合2得点と大活躍。チームの8強進出の立役者となっていた。

ゲッツェ、シュールレら大量補強の影響

 しかし期限付き移籍から戻ってきたクバにはドルトムントで居場所はなかった。ゲッツェ、シュールレ、デンベレと二列目を大量補強したチームで自らの価値を再証明するチャンスも与えられず、ヴォルフスブルクに500万ユーロ(約5億5000万円)で移籍した。そんな功労者クバへの古巣の仕打ちにグロスクロイツは怒りを爆発させている。

「フットボールはもうかつての世界とは違う。移籍金は単純に恥ずかしい。成功と収益だけが重要なんだ」

 かつてグロスクロイツはドルトムントの年間入場券の値上げにも怒りを露わにしたことがあった。ドルトムントの熱心なサポーターでもある兄貴の苦言はとどまらない模様だ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/3(水) 11:02

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。