ここから本文です

モイーズ監督、マンU時代の不満爆発。赤裸々に語る「不当な扱いを受けた」

フットボールチャンネル 8/3(水) 7:30配信

 サンダーランドの指揮官に就任したデイビッド・モイーズ監督が、マンチェスター・ユナイテッドを率いていた時代を振り返りクラブに対して不満を漏らした。2日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

【現地から貴重映像】香川真司が今季初合流。軽快な動きで好調アピール

 モイーズ監督は2013年にアレックス・ファーガソン氏の後任としてユナイテッドの指揮官に就任。しかし、リーグ戦で低迷し思うような結果が出せず2014年にチームを退任している。

 これについてモイーズ監督は「6年間の契約を交わしたのに10ヶ月で終わってしまった。私は不当な扱いを受けたと思っているよ。サッカーで生活していくために、サッカーの試合に勝つ必要があるのはわかっている。私は十分に勝てなかった。しかし、そのような状況があったと言うことだ。

その後に起こったことを見ても、そう言えるのではないかな」と語っている。ルイス・ファン・ハール監督に代わった後もチームの状況が良くなったと言えないことから、自分だけの問題ではなかったと考えているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/3(水) 7:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。