ここから本文です

モウに戦力外通告を受けた冷遇シュバイニーに救いの手 古巣バイエルンが復帰オファー示唆

Football ZONE web 8/3(水) 12:40配信

CEO「復帰の希望について話すことになる」

 ジョゼ・モウリーニョ政権下で戦力外となり、ロッカールーム追放の仕打ちまで受けたマンチェスター・ユナイテッドのドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーには古巣バイエルン・ミュンヘンが救いの手を差し伸べようとしている。独誌「シュポルト・ビルト」はバイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOと同僚DFフィリップ・ラームのコメントを伝え、シュバイニーの1年ぶりの電撃復帰の可能性を報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 シュバインシュタイガーは昨夏に下部組織から一筋を貫いていたバイエルンを離れ、ユナイテッドに移籍した。しかし、恩師ルイス・ファン・ハール前監督の退任によってその立場は一気に悪化した。モウリーニョ新監督の下では戦力外となり、リザームチーム行きを命じられた。指揮官はシュバインシュタイガーの32歳の誕生日である8月1日に個人面談を行った際、問答無用で「ロッカールームを片付けるんだ」と非情通告を行ったと英メディアはレポートしている。

 昨季途中には元スペイン代表GKビクトール・バルデス(ミドルズブラ)がファン・ハール前監督からリザーブチーム行きを命じられると、そのまま信頼を取り戻すことなく放出された。2季連続で実績十分のベテランがユナイテッドでパワハラ紛いの仕打ちを受けることになった。

盟友ラームは「彼がバイエルンでプレーするのは運命」

 苦境に立たされたドイツ代表の前主将に救いの手を差し伸べたのはやはり古巣バイエルンだった。ルンメニゲCEOは「どこかで彼とは復帰の希望について話さなければならない。彼と話し合うことになるだろう」とシュバインシュタイガー復帰を示唆している。

 1歳年上で、代表とクラブの両方で苦楽をともにしてきたバイエルンの元ドイツ代表主将DFフィリップ・ラームも「選手にとってクラブと強く結び付いていることは大切なこと。バスティはみんなのことも、ここにある全てのこともよく知っている。彼がこのチームでプレーするのは運命だ」と盟友との再会を心待ちにしている。

 屈辱の戦力外を味わったシュバイニーは、下部組織時代から17年間プレーした心のクラブへ出戻り移籍を果たすことになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/3(水) 12:40

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革