ここから本文です

ポスト・イブラになれるか? レアルの生え抜きストライカーがPSGに移籍金29億円で加入合意

Football ZONE web 8/3(水) 13:20配信

スペイン紙報じる ヘセはエメリ新監督のお気に入り

 レアル・マドリードの生え抜きの星、元U-21スペイン代表FWヘセ・ロドリゲスがパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍金で2500万ユーロ(約29億円)の加入することでクラブ間合意した。スペイン紙「マルカ」が伝えている。

【写真特集】スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 昨季ヘセはFWカリム・ベンゼマ、FWギャレス・ベイルの負傷離脱で出場機会を得たものの、リーグ戦で5得点に終わった。またレアルで今季はベイル、ベンゼマとエースFWクリスティアーノ・ロナウドの「BBCトリオ」に加えて、ユベントスからスペイン代表FWアルバロ・モラタが買い戻されたことにより、ジネディーヌ・ジダン監督はヘセら若手に出場機会を手にするために移籍を進言していた。そして、代理人は移籍先を模索していた。

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントも候補に挙がっていたが、元スウェーデンFWズラタン・イブラヒモビッチが去ったPSGがその潜在能力を買ってアタックを開始。レアルはレンタル移籍、PSGは完全移籍を希望するなど詳細な条件を詰めていたが、今季就任したウナイ・エメリ新監督がセビージャ時代にヘセを獲得しようとしたほど惚れ込む存在とあって、約29億円という移籍金でクラブ間合意に達したとレポートされている。

今季突如歌手デビューでお色気路線に目覚める

 ヘセは今オフ、突如「ジェイ・M」の芸名を名乗り、レゲトンと呼ばれるジャンルの音楽でミュージシャンデビューを飾った。ミュージックビデオでは際どい水着の半裸美女をはべらせる“ゴージャス・エロ路線”を全開にして、マドリディスタのみならずサッカーファンに衝撃を与えた。カナリア諸島ラス・パルマス出身のヘセは美声を置き土産に、下部組織時代から9年間にわたって所属した白い巨人に別れを告げることになる。

 23歳のストライカーにつけられた29億円の移籍金は、クラブでの実績から考えるとかなりゴージャスな値札でもあるが、ヘセはパリの地で“ポスト・イブラヒモビッチ”に急成長を果たせるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/3(水) 15:01

Football ZONE web