ここから本文です

内田の親友がまさかの非行!?  独代表の至宝が強化部長の残留宣言にも「このクラブを出ていく」

Football ZONE web 8/3(水) 14:10配信

アーセナル狙うドラクスラーがヴォルフスブルクから移籍熱望

 ヴォルフスブルクのドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーがユベントス、アーセナルなど強豪が獲得に乗り出す中、移籍希望を表明している。ドイツ紙「ビルト」のインタビューで暴露した。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

「僕はこのクラブを出ていきたい。すでに、欧州選手権フランス戦(7月8日)の2日後にはクラブに伝えてあるんだ。去年の夏、このクラブに来るときに監督ともスポーツディレクターとも、上のクラブに行ける可能性があればOKすると口頭で合意しているんだ。世界トップレベルのクラブでプレーしたいというのは常に僕の目標だよ」

 ドイツの誇るテクニシャンはこう語っている。ヴォルフスブルクのクラウス・アロフス強化部長は「ドラクスラーの状況は100パーセント間違いない。彼はヴォルフスブルクに残る」と断言しているが、この言葉を完全に打ち消す宣言となっている。

 そして、イタリア王者ユベントスとアーセナルが獲得に興味を持っているともレポートしている。

「すでにクラブには伝えている」と暴露

 昨夏にシャルケ所属だったドラクスラーに対してユベントスが獲得に対して動いていたが、マンチェスター・シティにベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを放出したヴォルフスブルクが最終的に3500万ユーロ(約41億円)で獲得した経緯があった。

 英紙「デイリー・エクスプレス」はアーセン・ベンゲル監督率いるアーセナルは、レスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの獲得に失敗した上に、ドラクスラー獲得への興味を失っていないとしている。

 シャルケ時代には日本代表DF内田篤人の親友としても有名だった、性格良好な若き才能は移籍希望を公言するという強硬手段に出た。新天地はすんなりと決まるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/3(水) 14:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。