ここから本文です

PSG、ヴェッラッティと4度目の契約更新を発表。契約期限は2021年まで

フットボールチャンネル 8/3(水) 8:10配信

 パリ・サンジェルマンは、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティと再び5年間の契約更新をした。2日に代理人のドナート・ディ・カンプリ氏が自身の公式ツイッターで知らせている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ヴェッラッティは、16歳の時にセリエAのペスカーラでプロ・デビューした。2012年夏にはユヴェントスを始めとする国内のビッグクラブが獲得に乗り出したが、新天地にフランス・リーグアンのPSGを選択。そこでこれまでの4年間に158試合に出場し、3得点と28アシストを決めている。

 今回の契約更新は、ヴェッラッティにとってPSGと行う4度目の契約更新だ。初めて契約更新を行ったのは2013年の8月20日で、2018年まで5年間契約を延長している。

 そして、2度目は2014年の9月15日。3度目は今年の2月15日に行った。その都度5年間の契約更新をしてきたが、それから半年も経たない間に再び5年間の契約更新をし、契約期限を2021年まで延長している。

 そのことを知らせたのは、代理人のディ・カンプリ氏だ。同日、自身の公式ツイッターで「これで4度目の契約更新だ…2021年までの契約にサインをした…」とコメントをし、契約書にサインをするヴェッラッティの写真を掲載。年俸は750万ユーロ(約8億6000万円)とみられている。

 この結果、最近獲得を狙っていると噂されていたレアル・マドリーやユベントスへの移籍の可能性は完全に断たれた。先日「ここでチャンピオンズリーグを制覇したい」と発言していたヴェッラッティは、当分PSGから離れるつもりはないようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/3(水) 8:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)