ここから本文です

東京スカパラダイスオーケストラ×Ken Yokoyama、新曲「さよならホテル」MV公開

リアルサウンド 8/3(水) 11:20配信

 東京スカパラダイスオーケストラが、Ken Yokoyamaとタッグを組んだ新曲「さよならホテル」のMVを公開した。

 同曲は9月7日発売のニューシングル『さよならホテル』の表題曲であり、東京スカパラダイスオーケストラがKen Yokoyamaとタッグを組むのは「道なき道、反骨の。」以来二度目となる。映像演出は、前回に続き番場秀一が担当しており、テーマは“男(不良)の哀愁”。寂れた郊外のホテルを舞台に、黒いスーツを着た東京スカパラダイスオーケストラのメンバーとKen Yokoyamaが出演している。現在、このMVはYouTubeとGYAO!でショートver.が公開されており、SPACE SHOWER TV『JET』ではフル尺が独占オンエア中されている。さらに本日8月3日には同曲の音源が、関東のラジオ局ではJ-WAVE『BEAT PLANET』(11:30~14:00)、関西のラジオ局ではFM802『FLiPLiPS』(11:00~15:00)にて初オンエアされる。

 なお、ニューシングル『さよならホテル』には、表題曲をKen Yokoyamaが英訳し歌唱したカバーバージョンや、両者がコラボして演奏した「Punk Rock Dream」(Live at 京都大作戦2016)、甲本ヒロトをゲストボーカルに招いてリリースした「星降る夜に」を、Ken Yokoyamaが歌唱したのバージョンも収録。またDVDでは、谷中敦と横山健のインタビューをはじめ、レコーディング風景やゲリラライブ、渋谷ヴィレッジヴァンガードで行われたJUSTA RADIOスペシャルの映像なども見ることができる。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/3(水) 11:20

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。