ここから本文です

シュバイニー、古巣バイエルンへ復帰か。CEOと主将ラームが歓迎のコメント

フットボールチャンネル 8/3(水) 10:00配信

 先日ドイツ代表からの引退を表明したマンチェスター・ユナイテッドのバスティアン・シュバインシュタイガーが古巣へ復帰する可能性が浮上しているようだ。2日付の英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョ監督は、今夏に9名の選手を放出すると報じられた。その選手の1人が、昨季に加入したシュバインシュタイガーとみられている。

 前日に32歳を迎えたばかりのシュバインシュタイガーは、怪我のせいで昨季のプレミアリーグには18試合にしか出場できず、期待外れのパフォーマンスしかできなかった。その上週休20万ポンド(約2700万円)という年棒の高さから、クラブは移籍金を下げてでも今夏に同選手を売却したいと考えているようだ。

 そこで、古巣バイエルン・ミュンヘンがシュバインシュタイガーの復帰を考えている。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、「もし彼がここへ戻りたいと望めば、我々は彼と話をする準備ができている」と可能性についてドイツ紙『ビルト』で明かした。

 さらにキャプテンのフィリップ・ラームも「それだけの価値がある選手だと考慮されていることは大事なことさ。彼のような人間なら、何でも、そして誰をも知っているこのクラブでプレーする宿命にあるんだよ」とシュバインシュタイガーの復帰を歓迎している。

 1998年にバイエルンのユースチームへ加入し、トップチームで過ごした13シーズンで342試合に出場し、45得点と69アシストを決めたシュバインシュタイガー。果たして古巣への帰還が実現するのか、その去就に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/3(水) 12:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。