ここから本文です

低迷ミラン、補強進まず…またDF獲得破談で新監督の要望に応えられず

フットボールチャンネル 8/3(水) 10:24配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランだが、未だに補強が全く進んでいないようだ。2日にイタリアの『ジャンルカディマルツィオ.com』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ミランが以前からセンターバックの補強選手として獲得を狙っているのが、ビジャレアルに所属するDFマテオ・ムサッキオだ。資金難に悩まされているミランは、エースのFWカルロス・バッカを売却して獲得資金を得ようとしていたが、同選手がオファーを拒否したことにより交渉は停滞していた。

 既にムサッキオと個人合意に至っているミラン。しかし問題は、獲得するための方法が買い取り権付きでの期限付き移籍しかないということだ。未だにクラブが売却されていないことで、支払いはおろか、将来の買い取り義務を保証することさえも不可能である。一方でビジャレアルは、少なくとも買い取り義務のオプションを要求したが、ミランはオファーを拒否。その結果、現時点でのムサッキオの獲得は不可能となった。

 ミランは現在DFが緊急事態にある。先月に左足首を手術したことで長期離脱を強いられているDFクリスティアン・サパタに加え、先週にはDFロドリゴ・エリーも左の太ももを怪我をし、チームから離脱中だ。

 未だにクラブが売却される見通しもつかず、資金難で補強もまともにできないミラン。事実、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の就任を発表してから、同指揮官の要望には全く応えられていない。財政難のため現時点では選手が売却されない限り、全く身動きが取れない状況のようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/3(水) 10:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。