ここから本文です

本田ミラン不人気極まる… 年間チケット購入数6千枚の歴史的不振で浦和レッズの3分の1に

Football ZONE web 8/3(水) 22:00配信

開幕3週間前の危機的数字を地元紙報じる

 日本代表MF本田圭佑所属のACミランの不人気ぶりが深刻の度合いを深めている。イタリア地元紙「コリエレ・デラ・セーラ」はミランの今季のシーズンチケット購入が21日のセリエA開幕を前にしてわずか6000枚と報じている。

【写真一覧】伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 本拠地サンシーロの収容可能数は8万人以上で、10分の1も埋まっていない状況だ。開幕3週間を切った時点でのこの数字は危機的なもので、ミランに対するサポーターの熱と期待値のなさを象徴するものとなっている。世界的に比較しても寂しい購入者数で、Jリーグの浦和レッズでは今季約19000人が年間チケットを購入しているが、ミランは3分の1以下という屈辱的な数字となっている。かつて元日本代表GK川口能活の所属したイングランド3部ポーツマスですら12000枚を売り上げている。

 目を覆いたくなるような不人気の第1の理由は3年連続で欧州のカップ戦出場権を逃したチームの弱さにある。2012年シーズンに経営危機からFWズラタン・イブラヒモビッチ(現マンチェスター・ユナイテッド)とブラジル代表DFチアゴ・シウバをパリ・サンジェルマンに放出以降、ミランは移籍金のかからないゼロ円移籍で“訳あり物件”をかき集め、チーム作りを進めてきた。その結果、かつての欧州屈指の名門は欧州で競争力を失い、結果的にセリエAでも中位のチームに成り下がってしまった。

 2番目はクラブの先行きの不透明感だ。買収30周年を迎えた元イタリア首相のシルビオ・ベルルスコーニ会長は中国企業との身売り交渉で合意を発表したが、手続きは全く進まず。ヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督という優秀な若手戦術家を招聘したが、資金を捻出できず補強は一向に進んでいない。

本田の背番号10ユニが収益の柱では…

 強化資金がショートしているミランは年俸を浮かすために、元フランス代表FWジェレミー・メネズを移籍金ゼロでボルドーに放出し、レアル・マドリードを退団した元スペイン代表DFアルバロ・アルベロアを移籍金ゼロで獲得するなど、チーム強化も完全に迷走。激怒したサポーターがミラノ市内でデモを起こすまでの騒動に発展している。

 昨季1得点3アシストという不振ぶりで「クビにされても仕方ない」と自ら認めている本田が、ユニフォーム販売の収益の柱として残留して背番号10を再びつけるという状況だ。本末転倒のミランは今、どん底に苦しんでいる。かつてのような大物補強と勝利でサポーターの心を取り戻すことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/3(水) 22:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。