ここから本文です

現役ブラジル代表主将にして、磐田に加入したドゥンガ。危機感不足に驚いたJリーグ時代

フットボールチャンネル 8/3(水) 11:20配信

 異なる言語間では、翻訳困難な語は無数にある。それはフットボール界においてもしかり。外国のフットボーラーが語った内容を、我々はしっかりと理解できているのだろうか。選手、監督の発した言葉を紐解き、その本質を探っていきたい。今回は、リデランサ(リーダーシップ)をキーワードに、前ブラジル代表監督ドゥンガのサッカー観を紐解いていく。ブラジル代表キャプテンとしてW杯優勝を経験した選手が、Jリーグでのプレーで感じたものとは何だろうか?(取材・文:竹澤哲)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

一回のチャンスを決められ敗退した90年W杯

 ドゥンガはブラジル南部、リオグランジ・ド・スル州ポルト・アレグレのインテルナシオナルで頭角を現し、その後、いずれもブラジルの名門クラブであるコリンチャンス、サントス、ヴァスコ・ダ・ガマで活躍し、その後88年にイタリアへ渡っている。

 プレースタイルはボランチとしてのハードマーク、右足の強いミドルシュート、そして何よりもドゥンガの一番の特徴だったのは、ピッチ上でみせるリーダーシップだった。

 代表においては90年のワールドカップを目指すラザローニ監督のセレソン(編注:セレクションを意味するポルトガル語。ブラジル代表のことを指す)で中心選手となる。

 82年大会、86年大会とテレ・サンターナ監督率いるセレソンはジーコ、ソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾ、いわゆる黄金のカルテットと呼ばれる中盤を擁し、美しいサッカーを繰り広げたが、いずれも優勝という結果を出せなかったため、90年大会はなんとしても優勝が求められていた。結果を重視したサッカーを標榜しなければならない中で、ラザローニ監督にはドゥンガのような、しっかりとマークを行い、闘志をむき出しにして戦う選手が必要だったのだ。

 89年コパ・アメリカに優勝したブラジルは、90年ワールドカップイタリア大会の優勝候補とされていた。

 ところが本大会が始まると、グループリーグは全勝したものの、決勝トーナメントラウンド16で、アルゼンチンに敗れてしまう。ブラジルが試合をほとんど優勢にすすめながらも、アルゼンチンはたった一回のチャンスをものにした。マラドーナからのパスをカニージャが決めたのだ。

1/3ページ

最終更新:8/3(水) 13:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。