ここから本文です

甲府、練習参加のFWダヴィが再加入…今季だけで外国人選手獲得は8人目

フットボールチャンネル 8/3(水) 11:41配信

 J1のヴァンフォーレ甲府は、今月21日からチーム練習に参加していたFWダヴィがチームに加入することを発表した。背番号は「9」に決まった。

【写真】お笑い芸人が選ぶJ1 ベストイレブン リオ五輪OA選手も登場

 ダヴィはコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、名古屋グランパスでもプレーし、2011年7月にカタールのウム・サラルから甲府に移籍。そのシーズンはJ1で10試合に出場して得点はなくチームもJ2に降格してしまったが、翌年に38試合32得点を挙げる活躍を見せて得点王となりJ1昇格の原動力となった。

 2013年には鹿島アントラーズに移籍して2シーズンに渡ってプレーするが、2016年以降は無所属となっていた。

 オフィシャルサイトを通じ、「ヴァンフォーレ甲府は私をサッカー選手として成功に導いてくれたクラブであり、その甲府で再びプレーできることを嬉しく思います。チームの状況も悪くないと思いますので、攻撃で自分の力を発揮し、今より順位を上げ最大の目標であるJ1残留に貢献したいと思います」と活躍を誓っている。

 なお、ダヴィの加入によって外国人選手枠が埋まってしまうため、それに伴ってFWチュカとの契約を解除したこともあわせて発表された。今年3月に甲府に加入したチュカだが、リーグ戦11試合で1得点と期待されていた結果は出せなかった。

 甲府は、今季だけで期限付き移籍からの復帰も合わせてダヴィが8人目の外国人選手獲得となった。また、それに伴って4人の外国人選手がシーズン中に退団している。

 2ndステージ第6節終了時点で甲府は年間総合15位に位置しており、厳しい残留争いを戦っている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/3(水) 11:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。