ここから本文です

ジョエル・エドガートン長編初監督作『ザ・ギフト』予告編、“ギフト”が次第にエスカレート

リアルサウンド 8/3(水) 21:20配信

 10月下旬に公開されるサイコスリラー『ザ・ギフト』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、『ブラック・スキャンダル』のジョエル・エドガートンによる初長編監督作。新天地で幸せな家庭を築くサイモン&ロビン夫妻の前に現れた男ゴードが、2人に“ギフト”を贈り始め、次第にエスカレートしていく模様を描く。『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ、『インシディアス』シリーズなどを手がけてきたジェイソン・ブラムが製作を務めた。エドガートン監督が執拗にプレゼントを贈り続けるゴード役で出演も果たすほか、『宇宙人ポール』のジェイソン・ベイトマン、『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』のレベッカ・ホールらがキャストに名を連ねる。

 このたび公開された予告編は、エドガートン演じるゴードが不気味な雰囲気でサイモン&ロビン夫妻の家を訪ねるシーンに始まり、ワインや池の鯉など、持って来たプレゼントが次第にエスカレートしていく模様が描かれる。

 一方のポスタービジュアルには、“何度も届く、恐怖(ギフト)。”のコピーとともに、はっきりと顔が見えないゴードがプレゼントボックスを持った姿が捉えられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/3(水) 21:20

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。