ここから本文です

バルサ、ついに“第4のFW”を確保? ティグレスがジニャックの移籍を容認

フットボールチャンネル 8/3(水) 12:30配信

 リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールに次ぐ“第4のFW”を探しているバルセロナは、その役割を果たせる人材の確保に近づいている。スペイン紙『マルカ』は、メキシコ1部のティグレスに所属するフランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックへん関心を報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 バルセロナでは入団しても控えの役割を受け入れなければならず、すでにケビン・ガメイロやルシアーノ・ビエット、カルロス・バッカといったストライカーたちの獲得に失敗していた。しかしジニャックは違うようだ。

 ティグレスのリカルド・フェレッティ監督は「私が知る限りでアプローチはない」と、バルセロナからのオファーを否定したものの、「もしバルセロナとジニャックが会って、彼が行きたがるのであれば、我々は成功を祈るよ」と選手の希望しだいで移籍を容認する姿勢を見せている。

 昨夏マルセイユからメキシコへ渡ったジニャックは、ティグレスで39試合28得点と驚異的なペースでゴールを積み重ね、フランス代表としてEUEO2016出場を果たした。12月には31歳を迎えるベテランは、バルセロナ移籍で夢舞台への切符をつかめるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/3(水) 12:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。