ここから本文です

1人目のイグアイン“代役”獲得! ナポリが37億円でEURO注目のFW移籍を発表

フットボールチャンネル 2016/8/3(水) 18:00配信

 宿敵ユベントスへエースのゴンサロ・イグアインを放出したナポリは、まず1人目の代役を獲得したことを発表した。2日にクラブの公式ツイッターが伝えている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 チームの絶対的エースを失ったナポリは、代役を2人獲得するつもりのようだ。その1人が、アヤックスから3300万ユーロ(約37億円)に100万ユーロ(約1億円)のボーナスを加えた金額で獲得したポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクである。

 現在22歳のミリクは、前日に行われたナポリのクラブ創設90周年イベントに出席し、そこですでにサポーターへ挨拶をしていた。そして同日クラブから正式発表が出されたが、同選手が選んだ番号は99番。イグアインが付けていた9番は未だ空き番号になっている。

 ミリクは、2010年にポーランド3部のロズヴォイ・カトヴィツェでプロデビュー。その後にバイエル・レバークーゼンやアウクスブルクを渡り歩いた後、2014年にアヤックスへ期限付き移籍を果たした。そして昨年の4月にアヤックスへ完全移籍。昨季には42試合に出場して24得点と12アシストを決めたが、フランク・デ・ブール監督の求めるストライカー像からは程遠かったことで移籍が噂されていた。

 そのミリクは、先日開催されたEURO2016でバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキの相方としてプレーした。シャドーストライカーとして活躍し、同国代表の準々決勝進出に貢献している。将来性のあるエースを獲得したとは言え、未だに9番が空いているナポリだが、これからもう1人“本命のエース”を獲得するのかどうかに注目が集まっている。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/3(水) 18:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。