ここから本文です

1人目のイグアイン“代役”獲得! ナポリが37億円でEURO注目のFW移籍を発表

フットボールチャンネル 8/3(水) 18:00配信

 宿敵ユベントスへエースのゴンサロ・イグアインを放出したナポリは、まず1人目の代役を獲得したことを発表した。2日にクラブの公式ツイッターが伝えている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 チームの絶対的エースを失ったナポリは、代役を2人獲得するつもりのようだ。その1人が、アヤックスから3300万ユーロ(約37億円)に100万ユーロ(約1億円)のボーナスを加えた金額で獲得したポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクである。

 現在22歳のミリクは、前日に行われたナポリのクラブ創設90周年イベントに出席し、そこですでにサポーターへ挨拶をしていた。そして同日クラブから正式発表が出されたが、同選手が選んだ番号は99番。イグアインが付けていた9番は未だ空き番号になっている。

 ミリクは、2010年にポーランド3部のロズヴォイ・カトヴィツェでプロデビュー。その後にバイエル・レバークーゼンやアウクスブルクを渡り歩いた後、2014年にアヤックスへ期限付き移籍を果たした。そして昨年の4月にアヤックスへ完全移籍。昨季には42試合に出場して24得点と12アシストを決めたが、フランク・デ・ブール監督の求めるストライカー像からは程遠かったことで移籍が噂されていた。

 そのミリクは、先日開催されたEURO2016でバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキの相方としてプレーした。シャドーストライカーとして活躍し、同国代表の準々決勝進出に貢献している。将来性のあるエースを獲得したとは言え、未だに9番が空いているナポリだが、これからもう1人“本命のエース”を獲得するのかどうかに注目が集まっている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/3(水) 18:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。