ここから本文です

レアル、ベニテス監督から中盤の要を奪う? フランス代表MFを獲得へ

フットボールチャンネル 8/3(水) 20:00配信

 レアル・マドリーは昨季指揮官を務めたラファエル・ベニテスが率いるニューカッスルから、中盤の要を獲得するようだ。2日付けスペイン紙を『アス』が報じている。

【写真】スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ニューカッスルのフランス代表MFムサ・シソコはは昨季中盤の要として公式戦に39試合出場したが、クラブの残留を達成することは出来ずにイングランド2部に降格した。シソコは2部でプレーすることを望んでおらず、そこに目をつけたマドリーが獲得興味を示しているという。

 EURO2016にフランス代表として出場したシソコは現地時間1日にチームへ合流。マドリーはまもなくニューカッスルに正式なシソコ獲得オファーを出すとみられており、シソコはクラブ幹部への移籍を直訴するとみられている。

 ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は数クラブからのシソコへのオファーを認めており、シソコが今季違うチームでプレーしているのは間違いないのかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/3(水) 20:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。