ここから本文です

水原希子も候補に? 「中国への謝罪」コンテストがフェイスブックで開催

Forbes JAPAN 8/3(水) 12:00配信

芸能人やメディア、有名企業が、中国に謝罪する例が相次いでいる。先月は女優の水原希子がインスタグラム上で、中国の天安門に向けて中指を立てた写真に「いいね」をしたことで批判を浴び、オンライン動画で謝罪した。そしてこのほど、「中国への謝罪コンテスト」と題したフェイスブックページが立ち上がり、世界のネットユーザーらが謝罪の面白さを競っている。



このページには、約4000人の参加があり、週内に最優秀賞が選ばれる予定だ。主催者の台湾人、ワン・イーカイ(31)は「多くの人が中国へ謝罪しているが、どこか馬鹿馬鹿しくもあり、我々はそれを笑いに転化しようと考えた」とコンテストの趣旨を述べた。

ユーザーの中には、中国が最近になって一人っ子政策を緩和したことを皮肉り、自分に3人の子どもがいることを謝罪した者もいる。また、別のユーザーは「ニューバランス(New Balance)」の靴を所有していることを謝罪した。中国の裁判所は「ニューバランス」が、中国ブランドの「ニューバーラン(New Barlun)」の登録商標権を侵害したと判決を下している。

中国政府は外国人らが中国を攻撃していると常々怒っている。共産党政府は興業の中止やビザの発給拒否、ビジネス契約の拒否などによって、攻撃者に報復するかもしれず、世界第二の経済国である中国で商売を続けたい人々は、謝罪するしかないのが現実だ。

コンテスト主催者によると今年、香港の芸能人2人がテレビとラジオを通じて中国に謝罪したという。韓国では1月、16歳の台湾人ポップスター、ツウィ(周子瑜)が、台湾の旗を振ってメディアに登場したことを中国に謝罪した。

過去には2013年4月に、中国マーケットでのシェア獲得に力を入れていたアップルCEOのティム・クックが、製品の保証制度問題で中国に謝罪している。

ニューヨークのコンサルティングファームPark Strategiesのバイスプレジデント、シーン・キングは「中国の富を前にして、企業や芸能人らはさらに自己検閲をするようになるだろう。こういった事態は今後も起こり続ける」と指摘した。

Ralph Jennings

最終更新:8/3(水) 12:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。